3密のない図書館は喜ばしいが

老後になって「きょういく」の一つは図書館に通うこと、
いや、通うほどまでのレベルではないが「行く」ことが増えた。

図書館とは、「図書館法」(こんな法律があるとはちっとも知らなかった)によれば、
「図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクレーション等に資することを目的とする施設」なんだそうだ。

これまでの生活で、調査研究等で図書館を利用したことなど数えるほどしかない。
本は読んでも、読書家と自称するにはおこがましい。
元来、読みたい本があれば購入する主義。
それが新本を買ったり、本箱におさめるのをやめるようになった。

「きょういく」目的は、図書館法にいう教養、調査研究といった高邁な目的とは無関係、
もっぱらレクレーションに資する部分の利用者として、
ひらすら雑誌・新聞を読み、
たまに軽小説を読むことに精を出すこと

図書館といえば、千代田区永田町の「国立国会図書館」が懐かしい。
としては、蔵書等には関係なく施設が素晴らしかったという思い出がある。
現役時代には外出したついでに、たびたび利用させてもらった。
適当な休憩場所として、息抜きにはいい場所だった。
広く、ゆったりとした空間、静かで、そのうえ喫茶軽食もできる。
全国の地方新聞がおいてあり、それを閲覧するのが楽しみでもあった。

諸施設の閉鎖が続く中、
図書館は、早く復活して欲しかった施設の一つ。
近くの区立図書館で、閲覧が昨日より可能になった。

早速、状況を確かめようと覗いた。
エレベーターの中は狭い。
ここだけは3密は避けられない。
入り口には消毒液、指がかぶれているのでそこそこに、足を入れた。
以前とは様相は一変。
受付にはビニールシート、
閲覧室の長椅子はなくなり、個別の椅子をかなりの間隔で設置してある。
その数たるや簡単に数えられるくらい。

6人掛けの机をみれば、
対角線上に2人しか座れないようにしてある。
利用は2時間以内をと呼び掛けている。
ここの図書館はあまり広くはないのだが、そんな中でスカスカ。
3密はなく安心とは思う。しかし席を確保し合う競争率は高くなりそう。
図書館難民の発生はまだ続きそう気配。
しかしなにはともあれ、
閲覧できるようになったのは喜ばしいことだ。

tosyoakn.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント