初めての三菱一号館美術館へ

大寒にもかかわらず暖かい日だった。 着ていたダウンをつい脱ぎたくなる。 東京駅丸の内側に出る。 新しいビルの林立でまぶしい。 一枚の画にもなる風景だ。 まだまだ再開発が計画されているようだから、 完成した姿はもう見ることができないかもしれない。 その南口から歩いて5分。 三菱が丸の内に建設した初の洋風建築で、復元され…

続きを読むread more

サバ+トレビアン=サバビアンと快哉!

は、夕食メニューに悩むことも多い。 そりゃそうかも・・毎日のことだからね。 料理する側に立つと確かに大変だと理解できるようになった。 伊丹十三監督の「たんぽぽ」という映画の中で、 母親が死ぬ直前まで家族のために料理をつくり続け、 食べさせる1シーンがやけに頭に残ってい…

続きを読むread more

「言われるまま」にして納得の連続

♪時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ・・♬ とはテレサテンが唄う歌の一節。 歌の内容はともかく「身をまかせ」というフレーズが良い。 時の流れや世間に逆らわず、流されるまま言われるままに、 まかせておけば、ときには良いこともあるでしょ?!?!? 寒中見舞いを出そうと、はて、切手をはろうにも63…

続きを読むread more

食レポは難しいが、うまいものはうまい

グルメ番組が多い。 製作費が安くつくからだろう。 料理を目の前にひとこと感想、そして食べてなにがしかのコメントがパターン。 コメントを求められ大仰に騒ぐ。 そんなものが・・ほんとうと疑問を覚えるときがある。 コメントする人への信頼度もある。 <酒場放浪記>など、コメントは少なくても美味しものは結構伝わ…

続きを読むread more

働くのが好きな人へ、嫌いな人から

「はたらけど はたらけど猶わが生活楽にならざり」 とは石川啄木の『一握の砂』。 啄木は給料だけでは暮らしは楽にならず、 あちこちから借金をしていたというが、 決してつつましい生活をしていたわけでなく 結構浪費もしていたようで貧乏にさらに拍車をかけたらしい。 働かなければならない人もいれば、そうじゃない人もいる。 働くこ…

続きを読むread more

くりかえしくりかえし

新年に入り1週間。 Gone with the wind映画のように「ゴーン」は風とともに去り、 「トランプ」はkillingというカードを切ってしまった。 驚きの年末年始の日々。 ところはいずれも中東地域。 この地域の紛争対立の歴史は長く混迷は続き、いまだ先が見えない。 第三次世界大戦になるかもと物騒な声も聞こえるが絶対に…

続きを読むread more

正月はいつもと変わりなく

除夜の鐘をつき、雑煮を食べ初詣にいくのが毎年の習わし。 雲一つない澄み切った冬の青空。 初詣は子育て・安産にご利益があるとされる東京杉並の「大宮八幡宮」へ。 23区内で境内は明治神宮、靖国神社に次ぎ3番目の広さだという。 暖かいこともあって参拝客もいつもより多い印象。 もちろん子育てはとっくに終わっているのだが、 親族の…

続きを読むread more

行く年

平成31年、令和元年がともに行く。 1年が過ぎ行くのが一段と早くなった感じだ。 365回なんてすぐ・・。 365回寝て、起きると1年、と思うととてつもなく短い気がする。 といいながら、その1年の中身は濃く多くの泣き笑いがあった。 30日21時過ぎの浅草寺。 大晦日を控えてか夜の終いが早く静かだった。 大晦日のきょうは一…

続きを読むread more

本を買うのをやめ。「ベストセラー」なんか知らない。

ホン年はホン当にホンをホン気で読むことが減ったなと思う。 ホンの少しだけ振り返るとホン年は数えるしか読んでいない。 「読む」行為に関していえば新聞、雑誌、ネット情報中心だった。 読んだ本にしても新刊はほとんどなく旧本ばかり。 恒例のベストセラーが発表された。 …

続きを読むread more

歳の差なんて、近づくばかり

今年もあと3日で終わり。 なにはなくとも時は流れる、しかも早いとくる。 歳を重ねるだけの新年の到来はもう御免だなとついぼやいてしまう。 あと何年・・という表現が嫌いになった。 あと10年後にカクカクしかじか・・・、 これが完成、完了しますなんていう話には拒絶反応を起こすようになった。 10年なんてすぐ来る。 しかし…

続きを読むread more

なにも喋らなくてもことが進む

朝ゆっくり起きる。 みんな出かけて誰もいない。 軽く朝食をとる。 メールとラインをチェックして、ラインで若干のやりとり。 TVをつける。 毎日録画しているNHK連続テレビ小説「スカーレット」をみる。 どうも主人公の甲高い声の関西弁?が気になるのがよろしくない。 久しぶりに日帰り湯に行くとしよう。 玄関を出る。 誰に…

続きを読むread more

宝くじか馬券か、どっちもどっち?

しみったれたきのうきょうの迷い。 ここに3千円ある、どちらにしようかな?! この3千円で年末ジャンボ「宝くじ」を買おうか? それとも競馬界最大イベント・有馬記念の「馬券」を買おうか? どちらにしても当たる確率は低い? いや馬券は宝くじよりはるかに当たる確率が高い 宝くじはお涙の1割が戻る。 も…

続きを読むread more

大混雑の中でのミイラ見学

日曜日の上野公園の込み方は相変わらずだ。 行く手に大変な行列があった。 見ると上野の森美術館でやっているゴッホ展の入場を待つ行列だった。 当方の目的は国立科学博物館「ミイラ展~永遠の命を求めて」の鑑賞だ。 込み具合はどうか?と気にかけながら入り口に行くと、 ここでもチケット売り場には長い行列。 やはりそうかと思いながらも…

続きを読むread more

諸説紛々なり

今朝は寒かった。 きのう昨日は冬を忘れる19度、きょうは6度と極端な温度差。 寒さが余計にこたえる。 ベッドを離れたのは8時過ぎ。 きょうは、いやきょうもが正解かも?!特段の用はない。 もっと布団の中に居たい気分。 エアコン暖房は可能でも吹きだす暖かい空気が嫌いなので使わない。 …

続きを読むread more

美術館とラーメンとクリスマスツリーと・・

洋画に対しては日本画ということになるが、日本画の定義は曖昧らしい。 日本人が描くから日本画というわけでもなく、 花鳥風月、四季折々の風景、美人画など日本独特のテーマを描くから日本画というわけでもない。 どうも日本画と西洋画の違いは画材にあるらしい。 日本画の画材には墨、岩絵具、胡粉、染料、金銀などの材料が多く取り入れられている。…

続きを読むread more

誇るべき人に違いない

身内の不幸に比べれば、他人の不幸に関心は薄い。 しかし時として他人の不幸が身につまされるのもまた事実。 天寿を全うして終わりを迎えられるならよしとしよう。 働き盛り人生の真っ盛りに終わりを迎える、残念で忍びない。 アフガニスタンで中村哲さんが銃撃を受けて亡くなった。 こんな正義の人がテロの襲撃にあわなくてはならないのかと理…

続きを読むread more

流行語は世につれ、世は流行語につれ?

師走だ、師走だともう誰も騒がない!? 師走だと言われたとてピンとこない。 「あたしゃ一年中、貧乏暇なし。師走だから忙しいってこともないさ」との空耳が。 世の中変わった。 季節感も風情も薄れてくる。 暦には13月はなし、12月は1年を締めくくる月と決まっている。 締め月になればつい気になるもう年末の風物詩…

続きを読むread more

秋深し、森の紅葉は?

過ごしやすい季節が短くなった気がするのだが・・。 秋の長さに変わりなく、むしろ冬の期間が短くなっているとも聞いた。 寒さ厳しくあいなったかと思えば、 ときおり気温の高い日が顔を出す。 変化の激しさに体も戸惑うばかり。 しばらく天気の悪い日が続いた。 久々の秋日和になった。 「…

続きを読むread more

ないないない!ほっ。

口笛吹きふき自転車でスーパーマーケットへ。 ない!ない!財布がない。 レジで財布をとりだそうしたら、あるべきはずの財布がない。 瞬間慌てあちこちのポケットをまさぐる! 挙動不審者になった。 現金で膨らんだ(膨らんでいません)、 カードで膨らんだ(これはホントです)命…

続きを読むread more

ささやかでもクーポンでときには笑顔になる

新聞にチラシが入る。 郵便BOXにチラシが投函される。 これ増加気味で少しはた迷惑。 そのチラシに割引クーポンがついているのが多くなった。 販促としてのチラシ効果を高める作戦にちがいない。 暇にまかせてザーッとみて、 いきなりゴミ箱行のチラシも多いのだが、 なじみの店のクーポンがついていれば無碍に…

続きを読むread more

「1年が短い」という資格なし!?

<老人の1日は長く1年は短い>と耳にするけれど、 「ほんとうにそうかもなあ」と同感するようになった。 若い頃は1日が長いなんて思わなかった。 1日の中で刺激や変化が少ないので1日を長く感じてしまう。 刺激や変化のない日々の営みは、 振り返ったところで、特筆すべきことは少なくて毎日が同じだったようで、1年を短く感じさせてしまうと…

続きを読むread more

「浮世絵」と「酉の市」で江戸気分!?

数えてみると「江戸東京博物館」へは随分と足を運んでいる。 展覧会が変わる都度行っているからだろう。 初めて建物や常設展を観たときは感動ものだった。 いまはもうここは素通り、 きょうは特別展の「大浮世絵~歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」を鑑賞するのが目的。 これまでも北斎をはじめ浮世絵を鑑賞する機会はしばしばあった。…

続きを読むread more

侍ジャパン、おめでとう!なのだが

国際的な野球大会!のはず? プレミアム12に侍ジャパンが10年ぶりに優勝、世界一になった。 おめでたいことなのだが、 今回の大会はなぜか気持ちが高揚しなかった。 野球ファンとして、 何年か1度の国際大会、国別対抗のこの大会をいつもならブログに書いておきたいところなのだが、 自分の中で{%下降we…

続きを読むread more

ヤブヘビ!?サプリメント

相変わらずうるさいですねえ。 特にBS・CSを見ていると健康に良い、効果がある、健康保持に役立つという サプリメントや健康食品のCMが、 あのチャンネルもこのチャンネルも、年中くまなく流れている。 多分広告の出稿料も安いんでしょう! 番組を見る途中でこんなCMが繰り返し流される。 流れはじ…

続きを読むread more

『日本沈没』の世界は永遠に終わらない

小松左京と言えば瞬間に「日本沈没」、 「日本沈没」と聞けば小松左京とすり込まれているわが脳。 スケールの大きな作家でもあり知識人だった。 「世田谷文学館」で開催中の<小松左京展~D計画>を見てきた。 〜D計画と副題がついているように「日本沈没」に関することが中心の展示。 D計画のDとはDisaster(「災害」の意味)。 …

続きを読むread more

シェーバーが新品で戻ってきました

髭だけは毎日確実に伸びる。 一日0.4㎜程度伸びるらしい。 とすれば10日間で4㎜となるが、そんなに伸びるものなのか実感がない?! 古今東西、髭を蓄えることが流行ったり嫌われたりと歴史は繰り返す。 髭をはやすのは自由だが、 やはり現在のビジネスの世界では肩身が狭いと言えようか。 頭の毛は{%寂しい(チカチカ)hdeco%…

続きを読むread more

「新国立競技場」を一周して「新宿御苑」へ、散歩した

気持ちよい秋日和が続いている。 室内にいるのはもったいない気候。 自転車で出かけるのも一考とも思ったが、 やめて電車にして千駄ヶ谷駅までいき下車。 オリンピックのメイン会場となる新国立競技場がほぼ完成というから、 一度見ておきたいと思っていた。 駅から近い。すぐ目の前に見える。 新国立競技場を反時計回りに歩いてみた…

続きを読むread more

仏の顔も三度まで「もう壊れないで」と祈る

目が覚めた。 リビングの壁かけ時計を見たら5時半をさしている。 外は明るいのにまだ5時半かと思う。 あらら しばらくして時計が停まっているのに気がついた。 多分、電池切れだろうと直感。 落ち着いたところで電池を入れ替えた。 壁かけ時計は電波時計である。 刻む時間は正確無比、1秒たりとも狂わないの…

続きを読むread more

一時の熱狂に終わらずラグビー人気が定着するといいね

スポーツファンとしては思い出として、 WCラグビー(決勝戦)のことを書きとめておきたい。 力が入る、TVを観ていてまたまた自然に肩に力が入った。 「そら押せ」 「さあ跳ね返せ」 「あと1Mだ」 攻めては返され、返されては攻める。 行け南アフリカ!行けイングラン…

続きを読むread more

分かっちゃいるけれど、サボってしまう

普段やっていることが「めんどうになって」ということが増えてきているかも。 これも年寄り病の一つか? パワーが衰えてきたのか? いやそんなことはない!若い人にだって「面倒くさい」と端折る人も多い。 そうそう、これは当人の意志の問題に違いない。 そもそも「やる気」がないのだ。 歳をとってやる気がなくなってきているのだ。 若い人…

続きを読むread more

ウィーン、ウィーンとやさしく叫ぶ

ウィーン、ウィーンと伝わってくる。 ウィーンといえばオーストリアの首都、関係ありません。 オーストリアではなくオランダのフィリップス社製のシェーバーが 耳周りでウィーン、ウィーンとやさしくも情けない不安定な叫びを始めた 急がなきゃいけないときにまったく・・・、 いえ普段はいつも忙…

続きを読むread more

「キャッシュレス決済」は便利で快適性もあるが

財布の中身が減らない、 使っても使っても現金紙幣が減らない、魔法の財布、 良いことではないか、喜ばしいことではないか????? 10月1日から消費税がアップ、軽減税率が実施され、やがて1カ月近くになろうとしている。 8%と10%に分けられた税率。 出前は8%でケータリングは10%、オロナミンCが8%でリポビタンDは10%な…

続きを読むread more

金曜の夜と雨の中、東京都美術館へ

前々より「週末の夜の美術館は比較的すいているよ」と聞いていた。 またまた台風21号の影響で、 千葉地方をはじめ被災地にさらに追い打ちをかけるかのような豪雨。 気の毒なことこの上ない。 都内も強い雨になった。 こんなとき出かけるのはどうかとも思った。 夕方には雨はやみ曇りとの予報を信じて外出した。 …

続きを読むread more

おめでとう、ホークス優勝!したけれど

ペナントレース終盤の戦いぶりから、 今年は半分以あきらめていた。 クライマックス・シリーズで勝ちぬけば儲けもの、そんな感じだった。 そのソフトバンクホークスがなんと、まあクライマックスからなんと10連勝! シーズン中にもなかった連勝、快進撃で頂点に立った。 驚かされた。 <3年連続…

続きを読むread more

祭りのあとの寂しさに似て

ノーサイド ついに南アフリカのまえに日本は力尽きた。 でも大拍手だ。「感動をありがとう」である。 前半はボール支配率で相手を圧倒しながらトライに結びつかず2点差負け、 しかし勝てるかもしれないとの余韻を残して前半を終えた。 夕方からTV観戦で忙しい日に・。 16時からウェールズとフランスを見て、…

続きを読むread more

ここ3日間ばかりのこと

ここにいるとWiFi環境が少ないので、 スマホのギガ消化も早い。 スマホでブログを書いているがままならぬやりにくい。 取り急ぎ書くブログ。 久しぶりに、学生時代の友人に会い歓待を受けた。 秋晴れの網干〜相生〜赤穂と瀬戸内海をドライブ、 真っ青な空のもと、きらきら光る海を堪能。 爽快な気分、この上なし。 帰りには、…

続きを読むread more

うどん好きは半端じゃないと思った

買い物に出た。 うどんは別腹と地元の人は言う。 当方には別腹という考えもなければ、 お腹はうどんを食べてさらにという余裕もない。 昼時に食べればそれはランチとあいなる。 買い物の後、 駐車場のいっかくにうどん店が目に入った。 うどん店はあちこちのあり、ここでは別に珍しい光景ではない。 こちら見えるのは冴えないプレハブ…

続きを読むread more

なんと強いんだ!まだ興奮が続く

興奮に次ぐ興奮、TVの前で声もでそうになる。 思わずそれいけと体も動く。 WCラグビー🏉 決勝トーナメント進出をめざして日本vsスコットランド戦。 早々に先制点を許し心配したが日本は強かった。 鮮やかなトライの連取で逆転。 テレビの前で拍手、大拍手。 大人げもなく興奮の頂点に達し声がでてしまった。 前半を大きくリード…

続きを読むread more

やはり気になります

稲刈りのサポートで何かとあって、いまゆっくりと野球のTV観戦ができる環境にないが、 プロ野球のCSシリーズ・ファイナルはやはり気になる。 頼るにするのはスマホ、リアルタイムで情報も入手できれば中継映像も見られる。 だがここにはWiFi環境がないのでGBの消費も早い。 それはともかく、 今年のライオンズの打棒はパワフル、 …

続きを読むread more

無知でした

雲ひとつない爽やかな絶好の秋日和。 稲刈りには絶好の日和にもなった。 足りなくなっていた農業機械用の「ガソリン」を買いに行った。 ガソリンスタンドもすっかりセルフが多くなった。 日頃しないことも多いので戸惑うばかり。 ガソリンなんてスタンドに行けば簡単に買えると思っていたら大違いだった。 クルマに入れるガソリンはなんら問…

続きを読むread more

見事な夕焼けで歓迎してくれた

瀬戸大橋を渡ったら、 いつもながら気持ちの中で世界が変わる。 「はーい、四国に来ましたよ」となる。 のんびり、ゆったりしたリズムに変われるのが良い。 東京に比べたら30分程度日が長い。 おー待ってました。 この見事な燃え立つような鮮やかな夕焼け。 歓迎してくれているかのようで、 早速、目を楽しま…

続きを読むread more