口腔内も洗い、気持ちも洗った

緊急事態宣言が解除されても、
元の生活には遠く、まだ何も変わらない。
きょうは3カ月に一度の歯科クリーニングの日。
クリーニングは不急不要の用かもしれないが、行った。

歯科医院の玄関ドアは、全面開放されていた。
体温測定を受け、
歯科衛生士を見ればマスクとフェイスシールドで防備。
コロナ感染は唾液に要注意だ。
口腔内のクリーニングは、それなりのリスクを伴うに治療に違いない。
歯科医院の衛生管理に違和感はなく、
後は歯科衛生士にお任せで終えた。

行動制限の解除~
自分的には図書館も、温泉も、美術館も、旅行も解禁されないかぎり、
気持ちも軽くならない。
その日はまだ遠いだろうね。
いま毎日の気分を和らげてくれるものの一つは、
音楽を聴くこと・・・。

クラシックは好きな曲を、たまに聴く程度で、
ファンというには、はばかられる。
しかし歳を重ねるとともに、聴こうとする意思も増えた。

気が向くまま、ベンチで聴き始めた。
初心者に最適なマーラー・交響曲5番の中の「アダージョ」から。
~この曲は出自がクラッシックで、いまやポピュラー音楽といったところか。

映画「ベニスに死す」の中に使われた。
それ以来、あまり脚光を浴びていなかったマーラーが、
取り上げられる機会が増えた。
マーラーのシンフォニーは壮大で長い。
1曲をのぞき1時間以上で、覚悟して聞かねばならない。
マーラー全集を持っているが、まだ全曲を聞いていない。
聴いていて難しいところも多い。
しかし音楽的な迫力は十分だ。

爽やかな5月の風が吹く中、このメロディが流れた途端、
なんといったら良いか
最高の美しい旋律に、心が洗われていく感じになる。
自然に眠りに誘われそうになり、気分も高揚・・・。

ドタばた・・、
近くで子供が自転車を乗り回しはじめた。
その騒ぎで現実に引き戻された。

クラッシックもどきもでも磨き抜かれたクラッシック音楽は、
精神に効き目あることだけは確かなよう。
20200529_125014454_iOS.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント