マスクして六世・中村歌右衛門展へ

マスク、マスクと騒がしい。
どこもかしこも売り切れで在庫なしといい、
ネットでは高額取引されているという。
馬鹿げたことだと思いながらも、
欲しいものは欲しいというのも分からぬでもない。
幸いわが家は花粉症対策もあって、
いつもストックしていてここにきても慌てなくて済んでいる。

前置きが長くなった。
さてと、マスクを一枚とりだしポケットに入れる。
ウィルス騒ぎの中、群衆の中は避けたいが、さりとて家の中に籠りたくもない。
世田谷文学館で開かれている「六世中村歌右衛門展」にいった。
歌舞伎はこれまで一度だけ観劇しただけで、ささやかな知識しかない。

落語でもなんでも何代、何世〇〇といわれてもピンとこないが、
名前と顔を見て「ああこの人ね、知っている」といった具合になる。
この方、六世歌右衛門さんも顔写真を見て、確かに覚えがあった。
当代一の女方、女方ひとすじに歩んだ歌舞伎俳優。
たいそう艶やかで品格を感じるお方だ。
歌舞伎の舞台以外には出なかったようで、
文化勲章等も受章、今日の歌舞伎の隆盛をけん引した人とあった。

歌舞伎という伝統的芸能の枠に身をおさめながら、
海外公演をきっかけにアメリカも気に入り、
自宅をビバリーヒルズ風にしたというから面白い。
大物女優のグレタ・ガルボからの「LOVE LOVE LOVE」という電文、
本当に好きだったんではないかとの話も添えてあった。

こういった展覧会に行って毎回感じるのだが、
この方もそうだが本業?以外に絵も描き、余りの達筆に驚いてしまう。
「天は二物を与えず」ではなく「天は二物を与える」といった表現がぴったり。

展覧会の観客は数人でマスクなど気にする必要もないくらい。
でも時期が時期、周りの人もマスク、マスクで素直にマスクして鑑賞した。
20200205_114608450_iOS.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント