その気になって

その気になって探せば、 日本全国の世界の食材が手に入り、料理にもありつけるのが、 首都東京の良いところの一つかもしれない。 専門店、各県のショップ、物産館などがそろっている。 少し高めの価格設定はやむを得ないとしても、 現地に行かなくても基本的な食品が入手できるのは便利で嬉しい。 NETでも様々な食品をたやすく入手できるよう…

続きを読むread more

まるでSFの世界のよう

新ウィルスをまき散らし人々は次から次へと倒れ、 街はゴーストタウンとなり、ついに我は世界を制覇・・・。 どこかで読んだような気がするSFの世界が現実化しているみたいだ。 武漢は封鎖、ゴーストタウン化、 500万人が街から逃避したという報道に慄然するばかり。 一体人々はどこへ行ったのか? ウィル…

続きを読むread more

ゲームはやめられず止まらない

OH!きょうは一段と寒い。 温かい布団の中から出たくない心境。 こんな日は外出気分も一気に萎える。 ついゴロゴロして体をつかわない。 家の中での過ごし方は何かとあるが、 さてと、録りだめのビデオ映画の一本でも見るかとスイッチオン。 おもしろくなり途中で止められず、約2時間見てしまった。 体を動…

続きを読むread more

初めての三菱一号館美術館へ

大寒にもかかわらず暖かい日だった。 着ていたダウンをつい脱ぎたくなる。 東京駅丸の内側に出る。 新しいビルの林立でまぶしい。 一枚の画にもなる風景だ。 まだまだ再開発が計画されているようだから、 完成した姿はもう見ることができないかもしれない。 その南口から歩いて5分。 三菱が丸の内に建設した初の洋風建築で、復元され…

続きを読むread more

サバ+トレビアン=サバビアンと快哉!

は、夕食メニューに悩むことも多い。 そりゃそうかも・・毎日のことだからね。 料理する側に立つと確かに大変だと理解できるようになった。 伊丹十三監督の「たんぽぽ」という映画の中で、 母親が死ぬ直前まで家族のために料理をつくり続け、 食べさせる1シーンがやけに頭に残ってい…

続きを読むread more

「言われるまま」にして納得の連続

♪時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ・・♬ とはテレサテンが唄う歌の一節。 歌の内容はともかく「身をまかせ」というフレーズが良い。 時の流れや世間に逆らわず、流されるまま言われるままに、 まかせておけば、ときには良いこともあるでしょ?!?!? 寒中見舞いを出そうと、はて、切手をはろうにも63…

続きを読むread more

食レポは難しいが、うまいものはうまい

グルメ番組が多い。 製作費が安くつくからだろう。 料理を目の前にひとこと感想、そして食べてなにがしかのコメントがパターン。 コメントを求められ大仰に騒ぐ。 そんなものが・・ほんとうと疑問を覚えるときがある。 コメントする人への信頼度もある。 <酒場放浪記>など、コメントは少なくても美味しものは結構伝わ…

続きを読むread more

働くのが好きな人へ、嫌いな人から

「はたらけど はたらけど猶わが生活楽にならざり」 とは石川啄木の『一握の砂』。 啄木は給料だけでは暮らしは楽にならず、 あちこちから借金をしていたというが、 決してつつましい生活をしていたわけでなく 結構浪費もしていたようで貧乏にさらに拍車をかけたらしい。 働かなければならない人もいれば、そうじゃない人もいる。 働くこ…

続きを読むread more

くりかえしくりかえし

新年に入り1週間。 Gone with the wind映画のように「ゴーン」は風とともに去り、 「トランプ」はkillingというカードを切ってしまった。 驚きの年末年始の日々。 ところはいずれも中東地域。 この地域の紛争対立の歴史は長く混迷は続き、いまだ先が見えない。 第三次世界大戦になるかもと物騒な声も聞こえるが絶対に…

続きを読むread more

正月はいつもと変わりなく

除夜の鐘をつき、雑煮を食べ初詣にいくのが毎年の習わし。 雲一つない澄み切った冬の青空。 初詣は子育て・安産にご利益があるとされる東京杉並の「大宮八幡宮」へ。 23区内で境内は明治神宮、靖国神社に次ぎ3番目の広さだという。 暖かいこともあって参拝客もいつもより多い印象。 もちろん子育てはとっくに終わっているのだが、 親族の…

続きを読むread more