まいりました、完全セルフレジ。そのうち買い物難民?!

省力化で店舗が変わりつつある。
多くの飲食店やスーパーでセルフレジの導入がめざましい。
自分で商品バーコードを読ませて支払う完全セルフレジ、
店員がバーコードを読み取り自分が自動レジで支払い。
この扱いには慣れ、スムーズに買い物ができるようになった。

でも、きょうは参りました。
ユニクロで買い物をした。
支払うため前の人に続き並んでいたら、
「お支払いですか」と聞かれた。
当たり前なのに「なぜ?」と思う。
店員から「お支払いならこちらです」と案内された。
あれれ、びっくりした。
ここもちょっと来ない間にセルフレジに変わっていたのだ。
明るくてきれいだがこれまでと違ったレジ

案内された小さなタッチパネルの前に立つ。
「お会計を始める」と表示を押し画面の指示に従う。
ついこれまでの習慣で、商品のバーコードを読ませれば良いのだろうと思って、
画面に示すが反応なし。
先に進まない。また最初に戻る
覗いた店員が、手に持っていた商品を横にある「カゴに入れてください」という。
ああそう?!
指示通りカゴに入れたら、なな、なんと瞬時に値段を読み取った。
なんと凄い!

支払方法もクレジットカード、電子マネー、現金、QRコードの中から選択できる。
いつもならクレジットカードで払うのだが、
きょうはQUICPAYにしてみた。

スマホのアプリを立ち上げ、それらしき箇所に示すが機器が反応しない
再び店員が登場、「ここにかざしてください」という。
「ああそこなのね、わかりにくいね」、かざすと即支払いが完了。
下からレシートが出てきた。
あとは傍に置いてある好きな大きさの袋を選んで商品を入れ、さようならとなった。

これってだけでなく最初は誰しも迷うに違いない。
「ありがとうございます」という言葉もきけないで買い物はジ・エンド。
さびしいといえばさびしい。

きょうは1点しか買わなかったけれど、
複数枚買ってカゴに放り込めば、瞬時にすべての値段を読み取るそうである。
大層な優れモノだ。

無人店舗で完全セルフレジも始まっている。
飲食店のセルフ操作も当たり前になった。
初めて入った店の入り口で注文画面とにらめっこ。
ずらっとある表示を懸命に見る、次へまた次へと続く
1回の操作で完了すればよいのだが、
食べたいものにたどりつくまで操作に迷い、
助け船を求めたこともあった。
この店の機器画面はいまも苦手で足が遠くなる。

機器操作はシンプルなものにして欲しいと願うばかり。
なにしろ段々もの覚えも悪くなってきた。
 1回では覚えきれないことも増えてきたからねえ。
操作が複雑なお店はもうたくさんと避けていたら、
そのうち買い物難民にもなりかねない?!
kaimono .jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント