「わが脳みそ」も清浄してくれた?

爽やかな大自然の中でいっぱい空気を吸う。
空気ってこんなにおいしいのかと感じたこともあった。

最近、タイでは空気汚染で「400の学校が休校」というニュースを聞いた。
生命に直結すること、本当に大変な「事件」だ。

そんな中、わが家に、
こと「空気」問題は関わりのないことと思っていた。

寒さが続く毎日、部屋を閉め切っているためか、
どこかなんとなく匂いがよどんでいるようで気になり始めた。

空気清浄機能エアコンのある部屋は問題なしオッケー!
やはり空気が還流していない部屋が問題なのだ?!
といったって別段悪臭でもないのだが・・・。

そうだ!そうだ!「おいしい空気に価値あり」。
衝動的に、
手軽に買えるアマゾンでつい「加湿空気清浄機」をクリック。

到着した荷の予想外のサイズにびっくり。
「邪魔になりそうね」と言う。
「そうかもなあ」。

梱包を解く。
使い始めるには簡単な設定もいる。
「取扱説明書」(トリセツ)はあるが、読むのは面倒なので無視。
こんなもの作動さえすればいいのだ・・

はい、スイッチオン。
しばらくして、
部屋に入ったが「空気がきれいになった」と言う。
大自然の空気と比べようがないが、
「そうかな???」

さてさて、翌日みたら赤ランプが点滅している。
???? 原因わからず。
読まないでしまいこんでいた「トリセツ」を取り出さざるを得ない。

このごろ新しいことをスムーズに取り込めない「わが脳みそ」。

気合を入れ、集中力を高め、
自らに言い聞かせて、
マーカーペンを片手にとりかかる。

そうしないことには脳に取り込めなくなった

赤ランプの原因は分かったよし!
あれ、そうなんだ!フィルターには10年と1カ月交換があるんだね。
ボタンをこうプッシュすればこうなるのかハイ!合点。
やはり、読んでいくうちにタメになる。

部屋の空気の清浄も良いが、
「脳みそ」もたまには刺激で清浄して澱みを改善してあげないと・・。

「トリセツ」は脳の清浄化に役立ったのかもしれないなあ?
画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック