テーマ:スポーツ

祭りのあとの寂しさに似て

ノーサイド ついに南アフリカのまえに日本は力尽きた。 でも大拍手だ。「感動をありがとう」である。 前半はボール支配率で相手を圧倒しながらトライに結びつかず2点差負け、 しかし勝てるかもしれないとの余韻を残して前半を終えた。 夕方からTV観戦で忙しい日に・。 16時からウェールズとフランスを見て、…

続きを読むread more

テレビの前から離れられなかった

「○○の秋」というけれど、まだまだ遠い感。 きのうも厳しい日差しが肌に痛く、 少し動けばTシャツでも汗でぬれた。 この頃テレビを見るのも限定的、 テレビをつけない時間が多い。 それがきのうはテレビの前から離れられなかった。 8時からMLB地区シ…

続きを読むread more

まさかまさかで興奮さめやらず

テレビの前で熱狂してしまった。 テレビを見ながらこんなに連続する興奮いつ以来になるだろうか? 奇跡といってはいけない。 「奇跡」とは「既知の自然現象を超越した不思議な現象で、宗教的な心理の徴とみなされるもの(広辞苑)」。 4年前南アフリカに勝って、それは奇跡だと騒いだ。 そのときも「奇跡」という言葉は適切ではないと思った。…

続きを読むread more

ミスも多かったが勝った。プロ野球観戦はお休み気分。

20日14時頃自転車で東京スタジアムにいったら、交通規制が始まっていた。 開幕式まで4時間もあるというのに早くも人波が駅から続いていた。 ラグビー観戦にはビールがつきもの、 沿道の売店にはビールが並ぶ。 きれいな青空につい喉もなったが我慢。 パブリックビューイングで味わう手もあったが混雑は嫌。 や…

続きを読むread more

しばし「ツール・ド・フランス」を楽しんだ

自転車スポーツには詳しくはない。 が自転車には毎日乗り、 これほどなじみ深い乗り物?もないだろう。 家にはチャリンコとクロスバイクをおいてある。 チャリンコは近隣用の足代わりに、 クロスバイクはお楽しみサイクリング用に。 近頃、日本は空前の自転車ブームだと言われる。 レクレーションとしての{%自転車webry…

続きを読むread more

選手、スタッフ、サポーターにも大きな拍手を!

やはり3時まで起きている自信がなくて、 零時に目覚ましをセットして仮眠。 寝ぼけまなこをこすりながらTV観戦につく。 しばらく・・・・、 前半戦は夢の中で試合を見ているようだった。 夢気分が一気にさめた。 後半開始早々に強烈な一撃、 さらに続いて一撃、 なんとジャパンは2連続ゴー…

続きを読むread more