テーマ:おでかけ

秋深し、森の紅葉は?

過ごしやすい季節が短くなった気がするのだが・・。 秋の長さに変わりなく、むしろ冬の期間が短くなっているとも聞いた。 寒さ厳しくあいなったかと思えば、 ときおり気温の高い日が顔を出す。 変化の激しさに体も戸惑うばかり。 しばらく天気の悪い日が続いた。 久々の秋日和になった。 「…

続きを読むread more

「浮世絵」と「酉の市」で江戸気分!?

数えてみると「江戸東京博物館」へは随分と足を運んでいる。 展覧会が変わる都度行っているからだろう。 初めて建物や常設展を観たときは感動ものだった。 いまはもうここは素通り、 きょうは特別展の「大浮世絵~歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」を鑑賞するのが目的。 これまでも北斎をはじめ浮世絵を鑑賞する機会はしばしばあった。…

続きを読むread more

毎年ながらの「日展の日」へ

あと2週間もすれば師走、なんとまあ早いことで 1年に一度のイベントがやってきても、 ついこの間のことだったような気がすることも多くて。 とにかく1年のサイクルが早い。 11月15日のきょうは「日展の日」。 年に1日、この日は無料で入場することがで…

続きを読むread more

『日本沈没』の世界は永遠に終わらない

小松左京と言えば瞬間に「日本沈没」、 「日本沈没」と聞けば小松左京とすり込まれているわが脳。 スケールの大きな作家でもあり知識人だった。 「世田谷文学館」で開催中の<小松左京展~D計画>を見てきた。 〜D計画と副題がついているように「日本沈没」に関することが中心の展示。 D計画のDとはDisaster(「災害」の意味)。 …

続きを読むread more

「新国立競技場」を一周して「新宿御苑」へ、散歩した

気持ちよい秋日和が続いている。 室内にいるのはもったいない気候。 自転車で出かけるのも一考とも思ったが、 やめて電車にして千駄ヶ谷駅までいき下車。 オリンピックのメイン会場となる新国立競技場がほぼ完成というから、 一度見ておきたいと思っていた。 駅から近い。すぐ目の前に見える。 新国立競技場を反時計回りに歩いてみた…

続きを読むread more

金曜の夜と雨の中、東京都美術館へ

前々より「週末の夜の美術館は比較的すいているよ」と聞いていた。 またまた台風21号の影響で、 千葉地方をはじめ被災地にさらに追い打ちをかけるかのような豪雨。 気の毒なことこの上ない。 都内も強い雨になった。 こんなとき出かけるのはどうかとも思った。 夕方には雨はやみ曇りとの予報を信じて外出した。 …

続きを読むread more

ここ3日間ばかりのこと

ここにいるとWiFi環境が少ないので、 スマホのギガ消化も早い。 スマホでブログを書いているがままならぬやりにくい。 取り急ぎ書くブログ。 久しぶりに、学生時代の友人に会い歓待を受けた。 秋晴れの網干〜相生〜赤穂と瀬戸内海をドライブ、 真っ青な空のもと、きらきら光る海を堪能。 爽快な気分、この上なし。 帰りには、…

続きを読むread more

見事な夕焼けで歓迎してくれた

瀬戸大橋を渡ったら、 いつもながら気持ちの中で世界が変わる。 「はーい、四国に来ましたよ」となる。 のんびり、ゆったりしたリズムに変われるのが良い。 東京に比べたら30分程度日が長い。 おー待ってました。 この見事な燃え立つような鮮やかな夕焼け。 歓迎してくれているかのようで、 早速、目を楽しま…

続きを読むread more

キバナコスモスが圧巻でした

明日から天気は下り気味との予報。 だとなれば、きょうは出かけるチャンス。 気が向くままそろそろ昭和記念公園のコスモスも見頃ではないかと行ってみる。 この季節、いつもならサイクリングでいくのだけれど、 どうも近頃、それなりの距離の走行は「行きはよいよい帰りは怖い」で自信喪失の傾向にあり、{%電車webry…

続きを読むread more

「大乗寺」で思い出した

「円山・四条派の系譜・・・これまでにない最大規模で、その全貌に迫る圧巻の展覧会」、 「大乗寺襖絵。東京で約10年ぶりの公開」というPRにものせられて、 上野・東京藝術大学大学美術館で開催の「円山応挙から近代京都画壇へ」展覧会へ行った。 展覧会場が狭いということもあるだけれど、 入場するとエレベーターで3F・第1会場へ、 そ…

続きを読むread more

WCラグビーの前日に

オリ・パラリンピック、サッカー、ラグビーは世界三大スポーツのイベント。 そのビッグイベントの1つが明日から日本で開催される。滅多に出会うものではない!? 全国で盛り上がっているかと言えばそうでもないかもしれないね。 熱狂的なファンはいても、やはり国民全般にはなじみがうすいスポーツなので、 どうしてもオリンピックほどの盛り上が…

続きを読むread more

由布院から阿蘇・大観峰へと遊ぶ、その後は・・

韓国からの旅行客減少もあって 九州の観光地はその影響をもろに受けているのは確かのようだ。 ランチをとった寿司屋の大将も客が2割減ったと言う。 しかし、我々にとっては混雑のない観光は大歓迎である。 福岡市内から由布院(湯布院ともいい、まぎらわしいが駅名は由布院駅)、 に向けて{%ドライブうれしい(ブンブ…

続きを読むread more

ワンステージだけ楽しんだ「東京ジャズ」

毎年恒例のイベントがやってくるたびに、 1年が経つのが早いと思わざるを得ない。 ついこの前行ったように思う NHKホールや代々木公園けやき並木で開かれる< TOKYO JAZZ FESTIVAL>。 18回目の今年もちょっぴりのぞいてきた。 日曜日、多くの老若男女、外国人で賑わう、 この風景もいつもと変りない。 めざす…

続きを読むread more

酒がなくても気持ちよく酔いました東京・高円寺阿波踊り

何年ぶりだろうか? 昨日から始まった東京・高円寺の阿波踊りの見物に行った。 もう63回を迎えるという。 駅に着いた途端、改札口は押すな押すなの人。 駅員、誘導員、ポリスに指図されるままに、 流れにまかせるまま進まざるを得ない。 17時スタートだ、時間が迫る。 見物に適当な場所を探す。 どこもかしこも会場の道路沿いは席…

続きを読むread more

若い女性ばかりの中に、当方じいさん一人

原田治さん、名前は覚えていなくても イラストを見ればわれわれ世代は「見たことあるよ」とすぐわかるんじゃないのかな? 世田谷文学館で開かれている原田治展「『かわいい』の発見」に足を運んだ。 タイトルの「かわいい」などとは縁遠いわが身、 一瞬足を引いてしまうが、 そこはそこイラストレーターとしての彼に興味…

続きを読むread more

「おーい」、ムンクにならって叫ぶ?!

はっ、そうだ、忘れていた。 でもいまになって書くのはどうかな?! なにしろ、このブログタイトルは<Today’s Moment>、 書こうとしていることは<Last Month> の<Moment>のできごと。 でも、いま瞬間的に思い出したので<Today's Moment>の範疇だ。 どうでもいいか、そんなこと{%知ーらない…

続きを読むread more

「木彫り」展で20歳の誕生日を思い出した

買い物・散歩の途中に、 吉祥寺美術館はいま何をやっているのだろうとのぞいたら、 「小畠廣志 木に呼ばれる」展とあった。 彫刻展である。 彫刻は博物館や日展で、ついでに鑑賞するくらいで 彫刻展を目的に行ったことはない。 この作家に関しても知識は全くのゼロ。 外は猛暑、歩けばでびっしょり。 …

続きを読むread more

「恐竜博2019」は圧巻で驚竜の世界でした

午前中だというのに、夏休みのせいか上野駅公園口は、 いつもにもまして親子連れを中心にスゴイ人波。 国立科学博物館で開かれている「恐竜博2019」に行った。 途中の西洋美術館でも長い行列を見て、思わずため息。 会場に着けば、入場券をかうのに40分待ちとある。 暑い日差しの中を並んでいる。 事前にチケットを確保していたので、…

続きを読むread more

日本画もいいね!「速水御舟」展に行った

脂っこいもの、肉ばっかり食べていると ときに魚やさっぱりしたモノも欲しくなる。 洋食、中華もいいがやはり日本人として和食は素晴らしいと思う。 歳のせいか和食が一段と好きになってきた。 フルコースの和の会席はいうことありません…

続きを読むread more

「江戸のスポーツと東京オリンピック」に行った

NHK大河「いだてん」の視聴率が振るわないらしい。 どうもその原因はこれまでの時代劇の大河のファンが、 現代史に興味がなく、 はたまた「いだてん」の忙しく展開するストーリーについていけない?? その離れたファンは「ポツンと一軒家」にながれ、 一軒家は日曜ゴールデンタイムのトップの視聴率に上りつめた・・・。 判らぬでもない…

続きを読むread more

こりゃほんとに「モネ」の世界じゃのう!

少し肌寒くきょうは長袖に。 曇天で残念だったが、 1カ月ぶりに井の頭池へ。 この季節、深い木々の緑があふれていて美しい。 湖面いや池面には藻らしきものがあちこちに漂い いままでに見たことのない風景。 せっかく「かいぼり」をしたのに、 池が再び汚れてしまったのかと・・・。 それは大いなる誤解だった。 …

続きを読むread more

脳ミソを癒し、カラダも癒し

この歴史に関する知識、 もう小学生のほうが深いかもしれないなあ。 目的はいつもの日帰り温泉施設。 その前に「横浜市歴史博物館」に寄った。 楽しみの前に、たまには知性でも豊かしてみようかとは、 ちと余計な考えではあるが・・。 中に入れば、 小学生たちが課外学習の一環と思われ、にぎやか。 そ…

続きを読むread more

「クリムト」は生で見るに限る

上野・東京都美術館で開かれている「クリムト展」に行った。 タイミングよく待つこともなく入場できたが、 やはり会場内は混雑していた。 クリムトの画をまとめてみるのは、 20数年前に見て以来2度目である。 明るく、はなやか官能的な表現にあふれる絵画に 多くの人が魅了されるのは分かる気がする。 きょうも女性の客が大層多か…

続きを読むread more

何年ぶりかの墨田川・水上バスは

東京に遊びに来た人に、 どこかへと観光案内を求められたら、 まず一番に「浅草」に引率、 江戸情緒を味わってもらった後、 東京クルーズ~水上バスに乗せたものである。 「春のうららの隅田川」の期待とイメージで乗船したら、 コンクリートの堤防やビルが目につき、 期待が少し裏切られる気分に・・ 無き…

続きを読むread more

放流カレーに放流ダム、そしてわが身体も放流し・・

五月晴れを実感した一日にもなった。 雲一つない青空、 いやいや真っ青な空にぽっかりと雲が一つだけ浮かんでいた。 新緑がまぶしくて美しすぎる。 爽やかな心地よい、 まさにこれぞ薫風が吹きぬける。 絶好の日和とはきょうのような天候を言うのだと自己納得。 首都圏最大の神奈川県・宮ケ瀬ダムに行った。 目的は毎週水曜日に、…

続きを読むread more

疲れました飲食放浪記

ここ吉祥寺は休日はまいどの大混雑。 言わずもがな連休が続くこの日(3日)も、 当然のことながら大混雑。 吉田類の酒場放浪記には遠く及ばぬ よしたほうがよかったかもしれない 種るいの酒場求めてほうこうの記。 昼のみ会へ出かけた。 昼間オープンの呑み屋さんは限られている。 久しぶりに人気店・焼き鳥の「いせや」へ。…

続きを読むread more

ああしんど、急坂354段のあとは究極!?いい湯だなあと。

「良い所があるよ」と友人の情報と案内で、 南足柄市にある大雄山最乗寺をめざした。 初めて来た。 天狗のパワーが棲むといい 多くのパワースポットがあるらしい。 足を踏み入れた途端、鬱蒼と繁る大きな木々。 長い歴史を感じさせる寺。 人も少なく静寂さが漂う。 事前に「階段が多いよ」とも聞いた。 話では讃岐・金毘羅…

続きを読むread more

羽田空港で飛行機を眺めるのも良いものだ

見送りで、久しぶりに羽田空港へ行った。 「品川」乗り換え京急の利用で随分と早く便利になった。 ただモノレールとの関係だろうけれど、 この区間だけ運賃は高い。 出発までの時間を見計らってランチをとる。 店の選択に迷う。 味はともかく、 どこの店もやはり幾分高目の料金設定だ。 見送った後、 …

続きを読むread more

桜漫歩2

井之頭池から神田川沿いで高井戸まで行く。 今年は冷え込みが繰り返し、 例年以上に長く桜見物ができた。 きのうは「春四番」とか気象予報士が言っていた。 満開だがまだつぼみが残る木もあれば、 強風に耐えられず散りかけた桜もあった。 この週末は花見するには最高の日になりそう。 …

続きを読むread more

きょうの桜漫歩

寒い一日だった。 桜も見頃になったが、じっとしていると寒さがしみてくる。 それでも花見客はそれなりに。 野川~調布飛行場通り~~野川公園の満開の桜。 まだつぼみものこる。 この寒さのおかげで桜を長く楽しめるかもしれない。

続きを読むread more