テーマ:おでかけ

息抜きの公園も立ち入り禁止

大人だって気が詰まる。 コロナにあけコロナに暮れる毎日。 「3密」は避けよ、食事するのも家族間だけが望ましいと言う。 晴れたら、外に出たいという気分になるのは自然の感情。 かといって、いろんな施設は閉鎖され、行く先は限られてくる。 外で食事するにも気を使う。 クルマも人出も少ない感じだ。 こんな世界の悩みに関係なく…

続きを読むread more

散歩コースの一つ。志村けんさん宅そばを通る。

桜が満開のこんな時期に、きのう積雪には驚いた。 都心では26年ぶりだと聞いた。 きょうも風は冷たかった。 止むなくこもり生活が続く。 気分転換するには「散歩」に限る。 散歩にはいくつかのコースがあり、その時の気分で適当に行く。 散った桜の花びらが道にへばりついている。 ある寺の前の掲示板が目に入った。 {%キラリ…

続きを読むread more

言われなくても、自粛中。満開の桜が慰めだ

やはりというべきか、 予想していたことが現実化してしまった。 オリンピックが延期になった。 20時過ぎには、小池東京都知事の緊急会見。 感染者数が大きく増え、オーバーシュートの重大局面にあるという。 オリンピックの延長が決まった途端、 こんな会見をして要請するのは、 これまで隠しごとがあったんじゃないのかと、つい邪推し…

続きを読むread more

桜、この4日間で一気に咲く

朝起きたら、なんと寒いことよ。 昨日から一気に10度くらい下がった。 冬の服装に逆戻りだ。 しかしここ2~3日の暖かさで、 4日前までつぼみだったものが、一気に開花だ。 ここでは7~8部咲き、 満開まであと少しだがすっかり見頃になった。 例年なら大勢の花見客でにぎわう井の頭公園もいたって静か。 この満開の下で、花見を…

続きを読むread more

桜の開花はいかに?

あちこちから嬌声、にぎやかだ。 公園は親子連れの子どもでいっぱい。 卒業式を終えた和装姿もあちこちに。 暖かい一日とあって、 平日にもかかわらず結構な人出だった。 ただ風が少し強かった。 桜の開花状況はどんなものだろう? 花見の宴は禁止?自粛? 去年の今頃なら、桜まつりぼんぼりもあったのだが、 今年は自粛、一切…

続きを読むread more

しばし騒ぎを忘れ、少し気分も晴れた

一日の始まり、やはり「コロナウィルス」の感染状況が気になる。 まだ得体が知れないウィルスだけに怖い。 ニュース、ワイドショーを見続けていると段々気が滅入ってくる。 突然、全国で学校を休校にする速報が流れ驚いた。 きょうは急に学校が終わったからだろう、大きな荷物を抱え下校する小学生に出会った。 クルーズ船の対応を含めて、どう…

続きを読むread more

美人画展でコロナ騒ぎもどこかへ

「上村松園と美人画の世界」展を観に行くため、 ラッシュも一息ついた10時過ぎ電車に乗った。 乗客の8割はマスクをつけている。 吊革等に触れない方がいいと言う。 揺れる車内で立っていたらバランスがとれず思わず吊革につかまりそうになった。 なんとか持ちこたえたのが自分でもおかしい。 いろんなイベントの中…

続きを読むread more

一度は「野球殿堂博物館」に行かねば・・

子どもの頃は仲間が集まれば、空き地で三角ベースを楽しんだものだった。 野球選手にあこがれたり、野球カードを懸命に集めたり・・。 爾来、野球ファンであることに変わりない。 今年もプロ野球、MLBの開幕が待ち遠しい。 長年の野球ファンとして一度は見ておきたかった「野球殿堂博物館」。…

続きを読むread more

梅は咲いたか

見渡す限りの晴天、風が少し強く冷たい一日だった。 ベランダから頂きながら富士山がくっきりと見えた。 今年は暖冬といい、梅の開花も例年になく早いとの報道。 確かにわがマンションの庭の梅も可憐な花を咲かせている。 ちょっとのぞいてみるかと神代植物園の「梅園」に行った。 残念ながら期待は少し裏切られ、まだまだ咲き始めの状況。 …

続きを読むread more

マスクして六世・中村歌右衛門展へ

マスク、マスクと騒がしい。 どこもかしこも売り切れで在庫なしといい、 ネットでは高額取引されているという。 馬鹿げたことだと思いながらも、 欲しいものは欲しいというのも分からぬでもない。 幸いわが家は花粉症対策もあって、 いつもストックしていてここにきても慌てなくて済んでいる。 前置きが長くなった。 さてと、マスクを…

続きを読むread more

節分・豆まき会へ行ってみた

節分は季節の節目、立春の前日にあたる日。 「一陽来復」というにふさわしい日和になった。 今年は東京・府中の「大國魂神社」の豆まき会へ行ってみた。 年男年女が裃姿で登場、 14時からの1回目のゲストはキャラクターや地元の東芝やサントリーラグビー部などで有名人は少ない。 待ち時間が長く豆まきの時間が短いのは仕方ない。 近頃の…

続きを読むread more

初めての三菱一号館美術館へ

大寒にもかかわらず暖かい日だった。 着ていたダウンをつい脱ぎたくなる。 東京駅丸の内側に出る。 新しいビルの林立でまぶしい。 一枚の画にもなる風景だ。 まだまだ再開発が計画されているようだから、 完成した姿はもう見ることができないかもしれない。 その南口から歩いて5分。 三菱が丸の内に建設した初の洋風建築で、復元され…

続きを読むread more

大混雑の中でのミイラ見学

日曜日の上野公園の込み方は相変わらずだ。 行く手に大変な行列があった。 見ると上野の森美術館でやっているゴッホ展の入場を待つ行列だった。 当方の目的は国立科学博物館「ミイラ展~永遠の命を求めて」の鑑賞だ。 込み具合はどうか?と気にかけながら入り口に行くと、 ここでもチケット売り場には長い行列。 やはりそうかと思いながらも…

続きを読むread more

天国!極楽!風呂はいいね。

日本庭園の紅葉が見ごろだ。 目の前にいやしの空間が待ち構えていた。 外はやはり寒い。 そこに大きな2つのジェットバス。 普通の湯のジェットバスに「よいしょっ」と冷えたカダラを横たえる。 いやあ「天国、天国!」 天国は天上の理想の世界との教…

続きを読むread more

美術館とラーメンとクリスマスツリーと・・

洋画に対しては日本画ということになるが、日本画の定義は曖昧らしい。 日本人が描くから日本画というわけでもなく、 花鳥風月、四季折々の風景、美人画など日本独特のテーマを描くから日本画というわけでもない。 どうも日本画と西洋画の違いは画材にあるらしい。 日本画の画材には墨、岩絵具、胡粉、染料、金銀などの材料が多く取り入れられている。…

続きを読むread more

秋深し、森の紅葉は?

過ごしやすい季節が短くなった気がするのだが・・。 秋の長さに変わりなく、むしろ冬の期間が短くなっているとも聞いた。 寒さ厳しくあいなったかと思えば、 ときおり気温の高い日が顔を出す。 変化の激しさに体も戸惑うばかり。 しばらく天気の悪い日が続いた。 久々の秋日和になった。 「…

続きを読むread more

「浮世絵」と「酉の市」で江戸気分!?

数えてみると「江戸東京博物館」へは随分と足を運んでいる。 展覧会が変わる都度行っているからだろう。 初めて建物や常設展を観たときは感動ものだった。 いまはもうここは素通り、 きょうは特別展の「大浮世絵~歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」を鑑賞するのが目的。 これまでも北斎をはじめ浮世絵を鑑賞する機会はしばしばあった。…

続きを読むread more

毎年ながらの「日展の日」へ

あと2週間もすれば師走、なんとまあ早いことで 1年に一度のイベントがやってきても、 ついこの間のことだったような気がすることも多くて。 とにかく1年のサイクルが早い。 11月15日のきょうは「日展の日」。 年に1日、この日は無料で入場することがで…

続きを読むread more

『日本沈没』の世界は永遠に終わらない

小松左京と言えば瞬間に「日本沈没」、 「日本沈没」と聞けば小松左京とすり込まれているわが脳。 スケールの大きな作家でもあり知識人だった。 「世田谷文学館」で開催中の<小松左京展~D計画>を見てきた。 〜D計画と副題がついているように「日本沈没」に関することが中心の展示。 D計画のDとはDisaster(「災害」の意味)。 …

続きを読むread more

「新国立競技場」を一周して「新宿御苑」へ、散歩した

気持ちよい秋日和が続いている。 室内にいるのはもったいない気候。 自転車で出かけるのも一考とも思ったが、 やめて電車にして千駄ヶ谷駅までいき下車。 オリンピックのメイン会場となる新国立競技場がほぼ完成というから、 一度見ておきたいと思っていた。 駅から近い。すぐ目の前に見える。 新国立競技場を反時計回りに歩いてみた…

続きを読むread more

金曜の夜と雨の中、東京都美術館へ

前々より「週末の夜の美術館は比較的すいているよ」と聞いていた。 またまた台風21号の影響で、 千葉地方をはじめ被災地にさらに追い打ちをかけるかのような豪雨。 気の毒なことこの上ない。 都内も強い雨になった。 こんなとき出かけるのはどうかとも思った。 夕方には雨はやみ曇りとの予報を信じて外出した。 …

続きを読むread more

ここ3日間ばかりのこと

ここにいるとWiFi環境が少ないので、 スマホのギガ消化も早い。 スマホでブログを書いているがままならぬやりにくい。 取り急ぎ書くブログ。 久しぶりに、学生時代の友人に会い歓待を受けた。 秋晴れの網干〜相生〜赤穂と瀬戸内海をドライブ、 真っ青な空のもと、きらきら光る海を堪能。 爽快な気分、この上なし。 帰りには、…

続きを読むread more

見事な夕焼けで歓迎してくれた

瀬戸大橋を渡ったら、 いつもながら気持ちの中で世界が変わる。 「はーい、四国に来ましたよ」となる。 のんびり、ゆったりしたリズムに変われるのが良い。 東京に比べたら30分程度日が長い。 おー待ってました。 この見事な燃え立つような鮮やかな夕焼け。 歓迎してくれているかのようで、 早速、目を楽しま…

続きを読むread more

キバナコスモスが圧巻でした

明日から天気は下り気味との予報。 だとなれば、きょうは出かけるチャンス。 気が向くままそろそろ昭和記念公園のコスモスも見頃ではないかと行ってみる。 この季節、いつもならサイクリングでいくのだけれど、 どうも近頃、それなりの距離の走行は「行きはよいよい帰りは怖い」で自信喪失の傾向にあり、{%電車webry…

続きを読むread more

「大乗寺」で思い出した

「円山・四条派の系譜・・・これまでにない最大規模で、その全貌に迫る圧巻の展覧会」、 「大乗寺襖絵。東京で約10年ぶりの公開」というPRにものせられて、 上野・東京藝術大学大学美術館で開催の「円山応挙から近代京都画壇へ」展覧会へ行った。 展覧会場が狭いということもあるだけれど、 入場するとエレベーターで3F・第1会場へ、 そ…

続きを読むread more

WCラグビーの前日に

オリ・パラリンピック、サッカー、ラグビーは世界三大スポーツのイベント。 そのビッグイベントの1つが明日から日本で開催される。滅多に出会うものではない!? 全国で盛り上がっているかと言えばそうでもないかもしれないね。 熱狂的なファンはいても、やはり国民全般にはなじみがうすいスポーツなので、 どうしてもオリンピックほどの盛り上が…

続きを読むread more

由布院から阿蘇・大観峰へと遊ぶ、その後は・・

韓国からの旅行客減少もあって 九州の観光地はその影響をもろに受けているのは確かのようだ。 ランチをとった寿司屋の大将も客が2割減ったと言う。 しかし、我々にとっては混雑のない観光は大歓迎である。 福岡市内から由布院(湯布院ともいい、まぎらわしいが駅名は由布院駅)、 に向けて{%ドライブうれしい(ブンブ…

続きを読むread more

ワンステージだけ楽しんだ「東京ジャズ」

毎年恒例のイベントがやってくるたびに、 1年が経つのが早いと思わざるを得ない。 ついこの前行ったように思う NHKホールや代々木公園けやき並木で開かれる< TOKYO JAZZ FESTIVAL>。 18回目の今年もちょっぴりのぞいてきた。 日曜日、多くの老若男女、外国人で賑わう、 この風景もいつもと変りない。 めざす…

続きを読むread more

酒がなくても気持ちよく酔いました東京・高円寺阿波踊り

何年ぶりだろうか? 昨日から始まった東京・高円寺の阿波踊りの見物に行った。 もう63回を迎えるという。 駅に着いた途端、改札口は押すな押すなの人。 駅員、誘導員、ポリスに指図されるままに、 流れにまかせるまま進まざるを得ない。 17時スタートだ、時間が迫る。 見物に適当な場所を探す。 どこもかしこも会場の道路沿いは席…

続きを読むread more

若い女性ばかりの中に、当方じいさん一人

原田治さん、名前は覚えていなくても イラストを見ればわれわれ世代は「見たことあるよ」とすぐわかるんじゃないのかな? 世田谷文学館で開かれている原田治展「『かわいい』の発見」に足を運んだ。 タイトルの「かわいい」などとは縁遠いわが身、 一瞬足を引いてしまうが、 そこはそこイラストレーターとしての彼に興味…

続きを読むread more