テーマ:健康

風邪をひいては戦、いやブログなど書けませぬ

4、5日前からおかしい。 風邪を引いたようなそうでないような症状。 体は少し怠いが、熱はない。 鼻がつまり、のどが痛い、頭が少し重い、 一番ひどいのは咳だ。 咳が出て苦しい。夜、何度も目が覚める。 病院に行くか行くまいか、 行くほどまで重症でもないと思う。 市販の風邪薬、鼻炎薬、のどスプレーでご…

続きを読むread more

いまになって、そう言われても困る

「クスリ」を逆から読めば「リスク」。 薬の効用と危険は裏表の関係にありだ。 言葉は言い得て面白い。 元来、医者の言われることを受け入れ、 処方されたクスリを素直に服用する患者。 健康診断で指摘されてからというもの、 面倒なことながら処方箋をもらうため定期的に通院、 なんと{%大…

続きを読むread more

過去最高の体重に、良いのか悪いのか?

ここにきてまた体重が増えた。 若い頃は身長170㎝で55㎏前後のやせっぽっち。 太るタイプではなく、 一応スタイルは良かったということに 自画自賛しておきましょう。 それが「老入れ生活」に入るや、 60㎏だった体重が年ごとに61、62、63・・と更新し続け、 65㎏になった時はさすがに驚いた。…

続きを読むread more

「サプリメント」って効果あるのかなあ?!

毎日毎日、うるさい 文字が読めない、 「××ルーペ、ルテインはいいでしょ!」 あらら、CMが混線してしまった。 あの健康食品、サプリメントのCMの氾濫、 なんとかなりませんでしょうかね。 CMが嫌なのでチャンネルを変えたら、 またサプリメントのCM! 「いい加減にしよし…

続きを読むread more

暑い夏の昼間にサウナはいかがかな?

天然サウナ状態の酷暑が続く毎日、 皮膚がちりちりと焼けるかのような日差しのもとで、 立っているだけで汗びっしょり。 真夏の昼間にサウナにいこうとは思わないはず サウナに行くなんて変わり者!と言われても仕方ない?・・・。 きょうは残暑の谷間、30度を割り28度だった。 曇り空…

続きを読むread more

危なかった!熱中症にあと一歩で

やはり暑さを甘く見てはいけないと大いに反省した。 夏生まれとあって、 もともと夏は好きだが、 今年の暑さは理屈抜きに暑すぎる。 見た目に涼しくしようという発案で、 実家の庭木を伐採することにした。 ペットボトルを携え、 それなりに熱中症対策をして臨んだつもりだった。 汗の滴り方は半端じゃ…

続きを読むread more

いくつになっても歯の痛みは我慢できない

いやだいやだと思いつつ 続く、続く、歯の治療が続く。 ここ数年、 一番通っているのは歯医者ではないのかな? 今年のしょっぱなにも書いてしまったが 特に今年に入り歯科治療を連発中! いくになっても苦手な治療の一つ。 なにしろ首から上の治療…

続きを読むread more

無精者の健康寿命をのばす方法?

きわめて無精者の発想― 楽をしながら、 健康を維持できる方法はないものかと思う。 健康であるとは、 肉体そのものだけでなく、 頭脳も、心の内も 健康であるということだから厄介なり。 高齢者になると、 フレイル(虚弱体質)になるのは避けられない。 が、急に…

続きを読むread more

人生初の「健康」に関する本を買った

高齢化社会の到来や 社会の成熟化とともに、 「健康」に関することが大きな関心ごとに・・・。 なんとか健康寿命をのばしたい! 多少のお金を投じてでも 健康を維持確保したいと考える人が増えてきた。 テレビ、新聞、雑誌、ネットは問わず あらゆるところで健康関連情報は氾濫、満載。 情報が多い…

続きを読むread more

お世話になりました!看護師さん

病院におけるCS・顧客(患者)サービスがあるとするなら、 その最前線で、 一身に引き受けている人は「看護師」に違いない。 初めての入院で、 20人近くの看護師に出会い、お世話になった。 日中と夜間、毎日頻繁に入れ替わる。 「老若男女」、いや、老の人はいない「若男女」の世界。 いや、男性…

続きを読むread more

人に優しい「病院食」だった!

変化の少ない眼科の日々の病室 ささやかな楽しみの一つはやはり食事。 かつて病院食の評判は悪く、 しばしば話題になったものだが、 もうそれはひと昔前の話 入院したは―、 食事時間が7~8時、12時、18時と …

続きを読むread more

これを難行苦行?と言わずして

なんと言う! ひたすら、うつむき・うつ伏せ寝の生活 手術を終え、車椅子にのった途端、 下向きを指示され、そのままの格好で病室へ。 ベットには、 うつ伏せセット(枕と胸当て)と マニュアルが用意されていた。 「ああ、これが噂のグッズね!」 {%犬we…

続きを読むread more

「あわわ・・・いよいよ手術だ」

手術室のドアが開いた。 目の前には、 担当医と助手、数人のスタッフが 手を広げて待っている(ように見えた) 「よろしくお願いします」 「どうぞ」と促され、手術台にあがる。 処刑台への道程は、 こんなものかもしれないな(大げさな!) 心中のさざ波…

続きを読むread more

「あわわ・・手術」その前に。

ここの大学付属病院は広い。 どこにいっても人が溢れている。 人生初の入院生活。 いずれ寿命に近づけば、最後は病院のお世話になる。 その予行演習だ 指定された午後の時間― 入院受付を行い、保証金を払う。 病棟に行くよう指示された。 眼科のフロアーは明るく、気分も少…

続きを読むread more

「老化」と付き合うのは難儀なことだ

『生老病死』は人間には避けられないことだけれど・・ 老化はやがて病気に通じる。 実際、老化とつきあうのは難儀なことだ。 パソコンをしていて、 「片眼の見え方がおかしい」と気づいたのが始まりだった。 経過観察で8週間ぶりに、 かかりつけの病院に行った。 手術を勧められ、大学病院を紹介された。…

続きを読むread more