めでたさも中くらいなり?!ホークス日本一

FOXTVで23時頃から優勝会見が始まり、
優勝祝賀会ビールかけを見終わったら
時計は午前1時をさしていた。

去年に続くプロ野球日本一
「福岡ソフトバンク・ホークス」おめでとう!
選手の皆さん、お疲れさま!

なんとも重たい日本シリーズだったね。
長くて緊迫する試合が続いた計6日間の戦い。
長時間のテレビ桟敷観戦に、
独酌の量もつい増えてしまい、
「なんだか疲れたなあ」

第4試合延長戦の劇的な柳田のサヨナラホームランをはじめ、
一見はなやかな打撃戦の様相を見せながら、
終わってみれば、
カープは2割4分、ホークスは2割1分台と打撃は低調。
このシリーズは「接戦の」「地味な」戦いだったように思う。

結果、ホークスが4勝1敗1分と圧倒も
カープとの差は少なかった。
差は「守り」に「慣れ」に、ホークスに一日の長があった。

ホークスは去年のシリーズも「守備力」と「投手力」で制した。

今年もここぞというときの攻め、
早め早めの継投、中継ぎが頑張った。
シーズン中も際立っていた甲斐捕手の強肩が
改めてクローズアップされ、ことごとく盗塁をさし、
カープの機動力を阻止したのには驚いた。

打点ゼロの男がMVPを獲得するとは予想外だった。
それにしてもすごかった。甲斐選手おめでとう!

ホークスのこの1年、ケガ故障する選手が相次いだ。
イライラして観戦するゲームが多かったが、
CSではレギュラーシーズンのうっ憤を晴らす
鮮やかな勝利で溜飲をさげさせてもらった。

連覇といいながら、
下克上でめでさたも中くらいの日本一だが、
早くも来年こそは完全制覇で3連覇と願う勝手なファンの一人。
それよりも「野球ロス」、しばらく続くのがさびしいですねえ。
画像

"めでたさも中くらいなり?!ホークス日本一" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント