ドラフト ー抽選は理不尽だが

プロ野球・ドラフト会議中継を見ていた 

今年の興味はただ一点、
清宮選手が
どの球団に指名決定されるかだった

考えようによっては、抽選とは理不尽なことではある。
自分が希望する球団には行けないのだから。

が、人生なにが幸いするかもわからない。
「えい、ままよ」と運を天に任せることは
決して理不尽だとはいえないのでないかとも??

かつて、巨人に入団したいがために、
空白の1日、1年浪人等いろんな事件があった。

プロを志向する選手は、
球団を問わず
指名に素直に応じているように見える。

清宮選手を1位指名したのは7球団。
わがホークスも指名した。

さあ、どこが引くか?
誇らしげに手をあげた!
あら、まあ「日本ハム」

この球団はなにかあるな!
斎藤といい、中田といい、大谷といい
日ハムはしばしばBIGネーム新人を引き当てる。

日ハムは新人の育成がうまい。
ダルビシュをメジャーに送り
大谷もメジャーに送ろうとしている。

清宮もメジャー志向のようだから
そのノウハウをもって育成・・、
また鍛え上げてメジャーに送り出せるのではないかと想像したり。

清宮選手が即、来シーズン活躍できるほど
プロの世界は甘くないと思うけれど
大器であることには間違いない。

いずれメジャーに挑戦できる日がくることを大いに期待したい。
画像

"ドラフト ー抽選は理不尽だが" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント