お騒がせ候補やら感染防止やら、都知事選挙

またの記録的な大雨で熊本・球磨川は氾濫。
多くの死者が出て、孤立状態も続き大変な状況になっている。
早い回復を祈るばかり。
加えてコロナ感染が広がる中、東京では都知事選挙の日。

今回は候補者擁立の高揚感もないまま始まり、
メディアの取り上げ方も、3密防止のため立ち合い演説も少なく、
そしてリモート演説もまかり通った。
一部精力的な候補者もいたが、
が、選挙カーに出合ったのは一度だけだった。

22人もの立候補者。
供託金は300万円とか、一般人にはそれなりの負担金。
俗にいう泡沫候補が多い中で、お騒がせ候補を目にした。
供託金さえ払えば、
まさかなにをしても良かれと思っているのかね

過去にもお騒がせ、ユニークな候補者もいた。
でも、そこにはユーモアもあったように思える。
が、この候補者は表現の自由に甘え、
公共の電波を利用して、
放送禁止に近いパフォーマンスをする確信犯に見えた。
ユーモアなし、品格など問題外、おふざけも超えて、いかにも問題あり!
政見どころか性見?放送だと、見苦しく、途中で見るのをやめた。
コロナ同様、こんな候補者に悪気分を感染させられはたまらない。

少し風がある中、ようやく小雨が上がったので、投票所へ。
結構、人は来ていた
選挙もさることながら、コロナ禍最中の“選挙情景”に興味もあった。

会場入り口にはアルコールを置いてある。
早速、手を消毒。
受付にはビニールが張られ、担当者はビニール手袋だ。
投票用紙を受け取る。
同時に、いつもは記入台においてある鉛筆が、
きょうは一人づつ渡される仕組み。
記入場所も3密防止、一人おきだ。
投票したあと、使用した鉛筆を返す。
返された鉛筆を担当者は1本、1本消毒をしていた。

感染防止が徹底されていた。
コロナ禍が収まっても、
清潔の維持、余計な感染の防止の観点から、
これからの新しい選挙様式になるかもしれないと思えたり。
さて選挙結果?
まもなく判明する。
IMG_6009.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント