気晴らし、3密回避に気を使いつつ「高尾山」

昨日は疲れて、ブログを書く気にもならなかった。
梅雨の谷間の爽やかな、過ごしやすい一日だった。

積もり積もった自粛気分からのストレス
谷間の貴重な空の青さに魅せられ、
ストレスを晴らそうと一念発起。
手短かなところで、少しでも遠くへと思い立つ。
長時間、に乗るのは、いつ以来になるのかな?

そうだ!多分!今は、人出も多くないだろうと見込んで、高尾山へ。
高尾山はミシュランガイドで紹介されて、さらに人気沸騰。
なにしろ、年間登山者数が270万人と世界一を誇る山になった。
混雑の谷間?というより隙間を狙っての登山。
登山というほど大層なものでもない、
普段着でも、手ぶらでも行ける山ですから。

出発!
車両最後尾に乗った。
半開きの窓あり、エアコン、送風はガンガンだ。
乗客は3人だけだった。途中、当方1人だけになった区間があった。
予想通り3密回避、安全なことこの上ない。

1時間もかからず高尾山口駅に到着。
きょうは麓から頂上まで、徒歩で行く気力は全くなし。
ケーブルにするか、リフトにするか迷う。
ケーブル内の空間は狭い、
3密は嫌だなと乗車場をみたら2人しか待ち人おらず。
結局、乗客は7人だった。ここも3密なし。

なんども来ている山ではあるが何しろ2年ぶりか?
降りて歩き始める。「やはりなあ」である。
人が少ないと聞いてはいても、昔の頃の人出と変わりない気がする。
上る人、下る人の数は絶えない。が混雑するほどではない。
人との距離を保ちつつ歩く。3密は避けられた。

以前は感じなかった軽い坂が、階段が、上るのがきょうはきつい。
ケーブルの駅から頂上まで1.8kmと大した距離ではないのだ。
体力が落ち気味だなと、ため息もで、小休憩をはさみ頂上へ。
途中にはコロナ対策で、
触れることは禁止、手水の柄杓はなし、トイレは一つおきといった具合で。

山頂に到着、といってもここは広場。
3密を避け弁当を食べる場所を確保するのに、しばらくウロウロ。

空は青い、風が優しい、空気がうまい(と感じる)。
マスクを外して大きく深呼吸だ。
見晴らしは良かったが、
遠くに見えるはずの富士山は、少し薄雲が邪魔していた。
ここから先の陣馬山に向かえば、
急激に人は減るはずだが、きょうはここまで。

帰路はリフトで降りたため、3密なし。
電車に乗れば最初は空いていた車内も、都心に向かうにつれ込み始めた。
なんとか3密までには至らず、無事、到着!

(高尾山口駅は木造の駅舎がいい)
IMG_5910.JPG
(ケーブルカーで)
takao1.1.jpg
(上れば見晴らし良し)
takao1.2.jpg
(薬王院山門・仁王門)
takao1.3.JPG

takao1.4.jpg

(北島三郎書の歌詞碑も)
takao1.6.jpg
(コロナ対策)
takao1.5.jpg

takao1.7.JPG

takao1.8.JPG

(階段をのぼるが厳しくなった、やがて頂上だ)
takao3.jpg

(頂上広場)
takao1.9.JPG

(見晴台からの眺め)
takao5.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント