あれこれ、我慢はどこまで、わからない。

「我慢すれど・・いつまで待てば良いのか、わが暮らし」
といった心境か。
長い自粛生活は、精神的にも悪くなりつつある。
おこもり生活のお役立ち情報も多く見聞きする。
が、行きつくところは室内で、できることは限られる。
外出制限は身に堪えてくる。
一部に自粛解除がでて、どことなく開放感が漂う感じ。
解除が出ないわがエリアでも、なんだかそれなりの気分のように。

街中でなくても買い物に行くと、人出がグーンと増えた感じ。
そういうも、人出の中の一人、他人をとやかくは言えない。

夏物でも買っておくかと、
ロードサイドにあるユニクロに寄った。
入場時に検温され、アルコールで手を消毒して、入店したのはいいが、
中は予想外の人の多さ。神経質になった。
こんなに人がいれば、コロナに感染している人が1人や2人いてもおかしくない。
クワバラクワバラとすぐにUターン、見ずに帰ってきた。

宿主がいなければ、コロナウィルスも生きていけない。
コロナは宿主を殺さず、自らの存命をはかるときいて、
コロナも人を「生かさず殺さず」かと、へんに納得・・・。

ウィルスはずっと、どこかで生き続け、
何かをきっかけに、またどこからクラスター感染から爆発へ。
風邪より怖いが、風邪と同じようにずっと続くのだろう。
免疫力が若い時とは違って不安定なには、
ワクチン等の開発まではじっと我慢の子で頑張るしかない。

もう元の生活には戻れないという。
コロナと共存していく生活、「新しい生活様式」に変えよという。
理屈はわかる。
が、実践を続けるのは味気なく辛い。
今回の事件で生活様式?は一番変わったことは、
場面、場面でつど都度、石鹸で手を洗うようになったこと。
以前はトイレへ行って手洗いこそすれ、
それほど頻繁には手洗いしていなかった。

マスクもなんとか手に入るようになった。
良い天候に誘われ外出、マスクなしに気づき、あわてて戻るときがある。
まだ新しい生活様式?が徹底できていない
夏に向かう。
暑くなるとこのマスクをどうしようか?

新しい生活様式?の一部に取り入れるべきに、
注文しておきたい。
コロナに感染した人への非難や差別、誹謗中傷、
これは絶対止めてほしいね。

年間行事の学生スポーツ、コンクール等が次々と中止されている。
こればかりは気の毒で、同情を禁じ得ない。
どこかで代替開催をさせてあげられないかと思う。

第二波、第三波のコロナ感染が繰り返されることだろう。
しかしここままの不急不要の生活、行動制限が、もし半年、1年と続いたら・・、
「どこかで暴動が・・」なんていう声に笑ってばかりではおられない?!
我慢の限界はどこまで?!まだ先はわからない。
gaman_osake.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント