散歩コースの一つ。志村けんさん宅そばを通る。

桜が満開のこんな時期に、きのう積雪には驚いた。
都心では26年ぶりだと聞いた。
きょうも風は冷たかった。
止むなくこもり生活が続く。
気分転換するには「散歩」に限る。

散歩にはいくつかのコースがあり、その時の気分で適当に行く。
散った桜の花びらが道にへばりついている。

ある寺の前の掲示板が目に入った。
「さまざまなこと思い出す桜かな」、芭蕉の句とある。
芭蕉の句にしては平凡だなと思う。
でもわかりやすくて良い。
20200330_071417154_iOS.jpg
2020年の花見はコロナの影響で中止になったと将来、思い出すに違いないなあと・・。
そこで1句、ああ松島や、にあやかり
「さくらやさくらや、ああさくらやさくら」・・・お粗末。

朝のニュースで、
志村けんさんがついに帰らぬ人になったことを知った。
日頃は芸能人の生死に関心が薄くても、
年代が近い現役の人気者の死に身が震えた。
コロナに感染してわずか2週間だ、早すぎる。

散歩するコースのひとつの途中に、
志村さんの自宅があることは知っていた。
きょうは途中で思い立ち、コースを変更して自宅そばを通ってみた。
午後4時半頃、自宅前には大勢のTVクルーがいた。
20200330_075554173_iOS.jpg
遠目にスマホでこの写真を撮っていたら、
突如、見知しらぬ男性から声をかけられた。
「東村山に行き志村さんの3本のケヤキの写真を撮り、住所を調べてここにきた。
 この後新宿の病院まで行く」と言う。
熱心なファンである。誰かに想いを伝えたかったのだろう。
TVニュースを見ていたら、この方、瞬間だが写っていた。

若者はコロナウィルスに対して、鈍感なように見える。
志村さんの死は結構インパクト持って迎えられたのではないか。
それにしてでもある。
重症化した場合、亡くなるまでとてつもなく速いのが脅威だ。
先日、医者から「そう心配しなくても良い」と言われたものの、
そんな気分が吹き飛ぶかのような昨日今日である。
sakuratiru.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント