食レポは難しいが、うまいものはうまい

グルメ番組が多い。
製作費が安くつくからだろう。
料理を目の前にひとこと感想、そして食べてなにがしかのコメントがパターン。
コメントを求められ大仰に騒ぐ。
そんなものが・・ほんとうと疑問を覚えるときがある。
コメントする人への信頼度もある。
<酒場放浪記>など、コメントは少なくても美味しものは結構伝わってくる。
「美味しい」と言いながら、見ると料理を残している。
こりゃコメントは眉唾ものだと思ったり・・。

当方に途端に感想を求められれば、
せいぜい「美味しい」とか「まずい」という言葉と態度を示す程度で終わりそう。
舌・美味感覚、ボキャブラリー不足も手伝い、
なにがどれだけ!どうだと、いざ伝えるとなると表現に苦労して大変。
などなど想いながら、
昨日、居酒屋の中で気にいった「海苔豆腐」について食レポをしてみようか
書くとなれば、思案しながらできるので少しは楽?!

海苔好き人間が生海苔を、ここで身近に食べられる機会は少ない。
<生海苔と豆腐>というメニューをみたので即注文。
でてきた一品。
淡彩の大きな器のなかには、鮮やかな濃い青緑の海に、
浮かぶ白い島に黄色の噴火口がひとつ。
見た目も和たっぷりでシンプルで美しい。
これだけで美味しさを予感させる。
いわずもがな青緑は生のり、白は絹豆腐、黄色の生姜なり。
早速、一口海苔をレンゲですくいすする。
暖かくて出汁の効いた優しくさっぱりとした味、
海苔が滑らかにのど元を通り過ぎる。

次に絹の湯豆腐と生姜と一緒に、
爽やかな生姜の味が口の中に一点さっと広がり美味しさが増す。
ひとこと「美味い!」というしかない。
海の香りや味わいが苦手な人にもぴったり。
雑味のないバランスのとれたさっぱりとした味わい。
ついもう一口とすすむ。
関西風の薄い味付けながら、味はしっかりとしている。
「海の宝石箱やあ」と言いたいところだが責任は持てない。
表現が過剰になった?!?!食レポするのは難しい。

食の好き嫌いはひとそれぞれ、
万人が美味いなんていうものはそうあるものではない。
ただこれは仲間に薦めたい一品でした。
(写真はつい急ぎ食べた後に撮ったので、白い島に海苔の波のが打ち上げられたあとで)
20200112_061853446a_iOS.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント