行く年

平成31年、令和元年がともに行く。 1年が過ぎ行くのが一段と早くなった感じだ。 365回なんてすぐ・・。 365回寝て、起きると1年、と思うととてつもなく短い気がする。 といいながら、その1年の中身は濃く多くの泣き笑いがあった。 30日21時過ぎの浅草寺。 大晦日を控えてか夜の終いが早く静かだった。 大晦日のきょうは一…

続きを読むread more

本を買うのをやめ。「ベストセラー」なんか知らない。

ホン年はホン当にホンをホン気で読むことが減ったなと思う。 ホンの少しだけ振り返るとホン年は数えるしか読んでいない。 「読む」行為に関していえば新聞、雑誌、ネット情報中心だった。 読んだ本にしても新刊はほとんどなく旧本ばかり。 恒例のベストセラーが発表された。 …

続きを読むread more

歳の差なんて、近づくばかり

今年もあと3日で終わり。 なにはなくとも時は流れる、しかも早いとくる。 歳を重ねるだけの新年の到来はもう御免だなとついぼやいてしまう。 あと何年・・という表現が嫌いになった。 あと10年後にカクカクしかじか・・・、 これが完成、完了しますなんていう話には拒絶反応を起こすようになった。 10年なんてすぐ来る。 しかし…

続きを読むread more

なにも喋らなくてもことが進む

朝ゆっくり起きる。 みんな出かけて誰もいない。 軽く朝食をとる。 メールとラインをチェックして、ラインで若干のやりとり。 TVをつける。 毎日録画しているNHK連続テレビ小説「スカーレット」をみる。 どうも主人公の甲高い声の関西弁?が気になるのがよろしくない。 久しぶりに日帰り湯に行くとしよう。 玄関を出る。 誰に…

続きを読むread more

宝くじか馬券か、どっちもどっち?

しみったれたきのうきょうの迷い。 ここに3千円ある、どちらにしようかな?! この3千円で年末ジャンボ「宝くじ」を買おうか? それとも競馬界最大イベント・有馬記念の「馬券」を買おうか? どちらにしても当たる確率は低い? いや馬券は宝くじよりはるかに当たる確率が高い 宝くじはお涙の1割が戻る。 も…

続きを読むread more

大混雑の中でのミイラ見学

日曜日の上野公園の込み方は相変わらずだ。 行く手に大変な行列があった。 見ると上野の森美術館でやっているゴッホ展の入場を待つ行列だった。 当方の目的は国立科学博物館「ミイラ展~永遠の命を求めて」の鑑賞だ。 込み具合はどうか?と気にかけながら入り口に行くと、 ここでもチケット売り場には長い行列。 やはりそうかと思いながらも…

続きを読むread more

諸説紛々なり

今朝は寒かった。 きのう昨日は冬を忘れる19度、きょうは6度と極端な温度差。 寒さが余計にこたえる。 ベッドを離れたのは8時過ぎ。 きょうは、いやきょうもが正解かも?!特段の用はない。 もっと布団の中に居たい気分。 エアコン暖房は可能でも吹きだす暖かい空気が嫌いなので使わない。 …

続きを読むread more

美術館とラーメンとクリスマスツリーと・・

洋画に対しては日本画ということになるが、日本画の定義は曖昧らしい。 日本人が描くから日本画というわけでもなく、 花鳥風月、四季折々の風景、美人画など日本独特のテーマを描くから日本画というわけでもない。 どうも日本画と西洋画の違いは画材にあるらしい。 日本画の画材には墨、岩絵具、胡粉、染料、金銀などの材料が多く取り入れられている。…

続きを読むread more

誇るべき人に違いない

身内の不幸に比べれば、他人の不幸に関心は薄い。 しかし時として他人の不幸が身につまされるのもまた事実。 天寿を全うして終わりを迎えられるならよしとしよう。 働き盛り人生の真っ盛りに終わりを迎える、残念で忍びない。 アフガニスタンで中村哲さんが銃撃を受けて亡くなった。 こんな正義の人がテロの襲撃にあわなくてはならないのかと理…

続きを読むread more

流行語は世につれ、世は流行語につれ?

師走だ、師走だともう誰も騒がない!? 師走だと言われたとてピンとこない。 「あたしゃ一年中、貧乏暇なし。師走だから忙しいってこともないさ」との空耳が。 世の中変わった。 季節感も風情も薄れてくる。 暦には13月はなし、12月は1年を締めくくる月と決まっている。 締め月になればつい気になるもう年末の風物詩…

続きを読むread more

秋深し、森の紅葉は?

過ごしやすい季節が短くなった気がするのだが・・。 秋の長さに変わりなく、むしろ冬の期間が短くなっているとも聞いた。 寒さ厳しくあいなったかと思えば、 ときおり気温の高い日が顔を出す。 変化の激しさに体も戸惑うばかり。 しばらく天気の悪い日が続いた。 久々の秋日和になった。 「…

続きを読むread more