毎年ながらの「日展の日」へ

あと2週間もすれば師走、なんとまあ早いことで
1年に一度のイベントがやってきても、
ついこの間のことだったような気がすることも多くて。
とにかく1年のサイクルが早い

11月15日のきょうは「日展の日」。
年に1日、この日は無料で入場することができる日。
この日も楽しみに、「日展」に足を運び始めて随分長い年数がたった。

日本最大の美術館である六本木「国立新美術館」、
無料も手伝ってか、人波は絶えなかった。
nitten1.jpg
毎年のことながら、展示される作品数は半端じゃない。
日展の鑑賞に関しては、『鑑賞』というより自称「『観覧』のベテラン」。
さらにいえば「観覧の仕方のベテラン」といった方がよいかもしれない。
混雑度、場所の広さ、作品数を勘案しつつ、
受賞作品を見つけ、しばし眺めた後は、人をかき分けざっくりとみてまわる。
傍から「多いねえ」「疲れるわ」という声がもれてきた。
「それはそうでしょ!」と同意することしきり。

一応全部を見て回る。が、中心はやはり日本画・洋画だ。
工芸美術はざっくり、彫刻はもっとざっくり、書道はさらにざっくりと見て回った。
それでも2時間近くかかる。
詳細に鑑賞していけば何時間かかることやら・・。
1F~3Fの会場をそれぞれ一周するとついに足腰にも疲労がたまり、
同時に頭もぼんやりしてくる。
nitten2.jpg
自分の中にもマンネリ感もあるのだろう、きっと・・、
雑駁な感想ながら、自分が好きなテーマの作品が少なく、
テーマの鮮度もいま一つの感がして、
今年は共感を覚える作品が少なかった。

新美術館の建物を撮ろうと外に出たら、
その前に「ガラスの茶室・光庵」が設置されていたのが目を引いた。
2011年のヴェネツィア・ビエンナーレ展で発表され大きな話題になったとか。
自然光のもとでいろんな表情をみせるということであるが
この方がきょうの収穫であった?!
20191115_060216896_iOS.jpg
20191115_060309824_iOS.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント