うどん好きは半端じゃないと思った

買い物に出た。
うどんは別腹と地元の人は言う。
当方には別腹という考えもなければ、
お腹はうどんを食べてさらにという余裕もない。
昼時に食べればそれはランチとあいなる。

買い物の後、
駐車場のいっかくにうどん店が目に入った。
うどん店はあちこちのあり、ここでは別に珍しい光景ではない。
こちら見えるのは冴えないプレハブ的な建物。
客が入っているようには見えない。

「美味しくないんじゃないの」と気が乗らない雰囲気。
「なんでも食べてみないとわからないよ、
たかが数百円だもの、まずくたっていいんじゃないか、うどんだもの」
とか誰かのセリフを真似してに言い、
入口に回った。

ごめんなさいである。
当方の思い過ごしだった。
暖簾をくぐれば中は広く、
お昼時ともあって食卓テーブルは客でいっぱい。
セルフと書いてあり、店内には行列ができている。
なんだこれはとついぼやきたくなるが、
これだけの客がいるということは「さぞやおいしいはず」と期待を抱かせた。

テキパキと客は流れていく。
肉うどんと稲荷寿司1個を注文したら、お愛想は500円。
なんと安い。ヒデキ感激!!
かたからず、やわらからずちょう良い塩梅。
うどんは飲みものなどという人もいるが、
やはり噛まないと食べられない。
にとっては可もなく不可もなくといったところか!?
カマ玉を注文したに聞けば「おいしいわ」と宣う。

食べている間も客はヒキもきらない。
<うどん県>をうたう香川、
道ゆく限りどこかでうどん屋を見かける。
入店してみれば外観に似合わず
多くの客がいる光景を目の当たりにするのだけれど、
「本当に香川の人ってうどんが好きなんだね」という言葉しか浮かばない。
79A76676-076A-4513-8CA2-BB49A125983F.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント