朝から不愉快になりそうになりながら

かんぽ、郵便局が揺れている。
民営化されてサービスは向上したように思えるが
郵便局や担当者によって随分対応の差があるようで・・、
きょうはいささか不愉快であった。

朝9時の開店早々、
「ゆうパック」を送るため急ぎ近くの郵便局に行った。
東京から福岡への宅急便は普通2日間かかるが、
ゆうパックなら翌日に着く。
午前中に出せば翌日の14時配達としてもらえるので行った。

販売自粛のせいか、
あれだけあった保険の勧奨案内がどこにもない。

荷物を窓口に置いた。
高年の女性がでてきた。
挨拶がない、笑顔がないが
郵便局は毎度こんなもので気にしない。
送り状を見ながら
「(内容に)『等』と書いてありますが『等』とはなんですか。
詳しく書いてください」
「等」じゃいけないのか、なるほどなと思ったが
不愛想な言い方に、当方ムシの居所が悪くカチンときた。

続く。「配達指定日が明日になっていますがその通りにならないかもしれません。
配達日の指定をしなければ大丈夫です・飛行機便ですので・・・」
何を言っているのかと、ここでまたカチンときた。
はああ、そうか・・九州に近づいている台風を見すえて言っているのだなと思った。
きょうは飛行機が飛ばないはずはない、悪天候どころか上天気だ。
「きょうは飛ぶでしょ、台風で飛ばなきゃしょうがないね」と返した。

指定配達時間を12時~14時にしておいた。
事前にネットで調べたら午前中発送なら翌日14時配達可とあったので
早い時間帯をしてしたのだった。
「この時間帯は配達できません。時間指定なしならできます」という。
またまたまた何を言うのだとカチンときた。
「それは困る、急ぎの荷物だからね。ネットで確認してきたが14時にできるとあったよ」
この人の応対、ひとつひとつが癇に障りはじめた。
しばらくしたら、
「14時~16時ならできます、確認できました。」
「(そうだよ)それで良いよ」
なんと言ったらよいか、気が回らない人にようで、
もっとお客の立場に立ったモノの言いの方ができないのかと思う。
そうだ、このお方「やってあげている」という旧タイプの職員?!

言われた料金を払う。
おつりを差し出す。肝心の言葉がない。
「ありがとうございます」ぐらい、あってしかるべきで・・。
またまたまたムッとしたが「じゃあよろしく」と去ろうとしたら、
周辺の複数の担当者から「ありがとうございます」と言う声が一斉に聞こえた。
やっと救われた気分になった。
post_yuubinkyokuin.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント