羽田空港で飛行機を眺めるのも良いものだ

見送りで、久しぶりに羽田空港へ行った。
「品川」乗り換え京急の利用で随分と早く便利になった。
ただモノレールとの関係だろうけれど、
この区間だけ運賃は高い。

出発までの時間を見計らってランチをとる。
店の選択に迷う。
味はともかく、
どこの店もやはり幾分高目の料金設定だ。

見送った後、
せっかくだからと思い5Fの送迎デッキに足を運んだ。
エレベーターを降りる。
途端、眼前にパノラマのような風景がパーっと広がる。

良い天気だった。
青い空がどこまでも広い。
東京湾が広がる、遠くにはレインボーブリッジなども見える。
なんだかいい気分!

こちらで着陸したかと思えばあちらで離陸。
間断なく離着陸する飛行機をみて管制官の任務を想ったり。

国内線だからの種類は限られている。
確かNHKの72時間という番組で、
成田空港でを眺める人々の模様があったけれど
国際線だから種類もデザインも多種多様、
それを毎回楽しんでいるという“ツウ”もいた。

ここでも望遠カメラで
熱心に撮っているファンをあちこちで見かけた。

風も心地よくテラスに腰掛けた。
遮る人もモノもなく、のんびりした気分が高まる。
飲食したり本を読んだり、横になっている人もいる。
わかります、その気分。
息抜きに適当な場所だと大いに共感できます。

次から次へ遠くに消えてゆく飛行機を眺めていると
おおらかなというのか、不思議な気分もでてくる。

ぼんやりする中、突然、むかーしむかし、とおーいむかし
修学旅行で羽田空港見学に来たことを思い出した。

飛行機で海外旅行をするのが一つの夢だった頃だ。
画像


画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック