盛り上がった「タカガールデー」、ご機嫌このうえなく。

今シーズン初のプロ野球観戦。
東京ドームで
ホークス主催ゲームが見られるとあって行ってきた。

「タカガ―ルデー in Tokyo」だった。
画像

女性向けのイベントで東京は初開催。
老若問わず女性の入場者全員にピンクのユニフォームがプレゼントされる。

「俺にも頂戴な」と可愛い担当者に告げたら、
ニコリと笑って「ダメです」とつれない返事、
その瞬間、ちっとも可愛くなくなった(笑)。

見渡すと、
ピンクのユニフォームを着用した観客が一杯。
どうみても男性客より女性客が多い、
しかも若い女性が目立つ。
画像

その昔、
球場が若い女性客で一杯になることなどなかった。
ホークスの毎年おなじみのイベントだが、
これを仕掛けた人はエ・ラ・イ!!!

野球観戦はおじさん中心の娯楽だった気がする。
あちこちで野次も飛ぶ、楽しみだった。
きわどいものもあったが、
機知にとんだ野次にどっとわいたものだ。

いまや応援は音入りの統率のとれた集団応援、
野次など出る幕もない。

自分の座席の周囲にも
ユニホームを着た女性グループが陣取った。
さっきから矢継ぎ早にビールを注文
大声でしゃべくり、ビールをぐびぐびやっている。
なんと頼もしい。
いまや飲みっぷりもおじさんから若い女性にとってかわられた??

こちらも負けてられない。
敵がビールならこちらは日本酒だい(笑)
でも東京ドームのアルコールは他球場に比べれば高い、
ちょっと不満なのであります。
画像

試合は均衡状態が続く。
飲むほどに酔うほどに、
一球一打に沸きボルテージも上がる。
これこそ現場で味合う醍醐味というもの。

同点の7回裏、ホークスの大応援歌が響く。
も歌う。
これに触発されたかのように内川のホームラン!がでた。
あちこちで万歳拍子、
本日一の最高潮の盛り上がり!
画像

ゲームは8回さらに1点ホークスが追加、
守護神・森がきちっと締めて、
<3-1>でホークスがオリックスを下した。

ファンにとって終盤盛り上がり型の
後味の良いゲーム展開になった。

ホークス主催だからこそホークスファンで埋め尽くされ
ファン一体となった声援で盛り上がり楽しめる。
東京でこんな雰囲気を味わえる試合はほんの数試合だ。

ゲーム後、
少しばかり余韻に浸ろうと居酒屋に寄った。
ここにもピンクのユニホームを着たファンがチラホラ。

ある若い男女グループで、
男子がピンクのユニフォームを着ているのが目にとまった。
冷やかし半分で近づき声をかけた。
「おじさんにも頂戴と言ったが、ダメだったんだよ」と冗談のつもりで言ったら、
「差し上げます」と急きょ脱ごうとした。
その心根の優しさに感謝しつつ、
「いやいや冗談、冗談」と礼を言い即辞退。

贔屓チームが勝利したときは気分も良く
知らないファン同士が互いに親近感を覚えたり、
つい饒舌にもなってしまう。ご機嫌な夜に・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック