万年筆も進化したようで、つい衝動買い

成人の入り口にプレゼントされたのは
「腕時計」と「万年筆」だった。
なんだか大人として認められたようで、
うれしかった記憶がある。

万年筆とはファウンテンペン、つきぬ泉。
いちいちペン軸にインクをつけなくても、
次から次へと書けるとはよく言ったものだ。

その後、自分には万年筆は少々面倒な筆記道具になり、
いつのまにやらお蔵入り。
筆記用具の王座は、
ちょっと高価なボールペンにとってかわった。

現在、手紙も普段はPCのプリントで済ませる。
久しぶりにボールペンで手紙を書いた。
スムーズにペンは運べるのだが、
書きあがった全体の印象がなんだか物足りない。

そうだ!万年筆があるではないかと思い出した。
すっかり忘れていた
愛用していた万年筆を数本取り出してみたものの、
ペン先に癖もつき古さもぬぐえない。

いま万年筆の状況はどうなっているのかと興味がわいた。
本当に気に入った万年筆を探そうとなると難しい。
価格もピンキリ。

やはり字を一番多く書いているのは学生に違いない。
メーカーもなんとか万年筆を使ってもらおうと、
学生のためのお手軽な楽しい万年筆が販売されているのを知った。

ついその気になって衝動的に買ってしまった。「細字」と「カリグラフィ」の透明万年筆2本とインクを入れるコンバーター、
インクも24色あるという中から迷ったが深海色と深緑色の2色を選んだ。
合わせて約1万円なり。

1万円クラス万年筆を1本買うより、
このほうが幅広く楽しめるような気がした。
書き比べてみたのだが、やはり縦書きには「細字」ペンが良い。
画像

また別色のインクでいろいろと描けば面白いかもしれないと思ったり、
浮気の虫が持ち上がる。

毎日、天声人語をボールペンで書いてきたが、
これからしばらく万年筆で書くことにした。
またこのカリグラフィペンはちょっとしたブームのようで、
スケッチにも使ってみたがこれも面白い仕上がりになり楽しめそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック