面相筆ごときを買った、しばらく遊べそう。

文房具の進化は素晴らしく面白い。
たまに売り場にいくと、
ほほうこんなものがなるほどと、
感じ入ることも多く、楽しいものがある。

藤田嗣治展で改めて線描の巧みさに刺激された。
こんな繊細な線は、
素人には手に負えず、
また歳をとれば手が震えてとてもとても、
描けないと思うが、
真似をするのは勝手、してみたいと閃いた。

思い立ったら吉日、
面相筆を買いに行った。

様々な種類、
3桁から4桁までの値段がついている。
正直迷ったが、
所詮素人、高級なものはいらないと、
適当に選び、うろうろしつつレジに向かった。

途中、おやっと目についたのがこれ!
「最極細の手作り毛筆・・・
 面相筆の繊細なタッチ」の宣伝文句が目に入った。
「水彩スケッチの輪郭線に最適で
乾くと水に流れない」との触れ込み。
画像

思わず気が変わって
手にしていた面相筆を返し、
これを買ってしまった。

早速、描いていた絵に輪郭の試し描き、
なかなか面白いいいよ~。
またしばらくこれで遊べそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック