忘れられない1曲(1)Moon River

「くつろぎの1曲」から、
Unforgettable music「忘れられない1曲」にタイトル変更・・。

映画が娯楽の王様だった頃、
小学生の頃はチャンバラ映画、
思春期には洋画が大好きに、
西部劇に胸躍らせた。

映画館はあちこちにあった。
もらったお年玉がなくなるまで
連日映画館に通い詰めた時もあった。

そんなある日、西部劇と併映された
3本立て映画の一つに「ティファニーで朝食を」があった。

予備知識ゼロ。
上映の瞬間、ピッピッと気持ちが大反応。
なんと清純そうな女優だなと・・。

映画のストーリーより、
その女優に見入ってしまった。

原作のなかの女性は娼婦。
原作者カポティはマリリン・モンローのために書いたが出演を拒否され、
原作に関係なくヘップバーンのために大幅に書き換えられた。
当時、そんなことは全く知らない。

いやなシーンもあった。
「日本人役の出っ歯の男の登場」だ。
当時の日本人に対する皮肉だったのだろうか?

全編に流れるヘンリー・マンシーニの音楽。
この映画はこのシーンがすべてだったとも
ヘップバーンが窓辺に座り、
ギターを抱え歌う「ムーンリバー」

この場面を見たくて2回見てしまった。


50年~60年代は魅力的な女優が多かった。
「ティファニー」の前の作品、
「ローマの休日」を後日見たときは、
その純粋無垢の美しさにさらに心が躍った。

オードリー・ヘップバーンはスクリーン上の永遠の美人、
「ムーンリバー」は忘れられない1曲になった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック