「東京マラソン」観戦に行ってはみたものの・・

今年から、「東京マラソン」は決勝点が東京駅のそば。
東京駅に到着したのは11時過ぎ。
青空で暖かい。

「観戦は東京駅南口です」
〈わかりました〉
- - - - - - - - -
「ここは混雑していますので有楽町方面に行ってください」
〈えっ、決勝点近くでみたいのに・・〉
- - - - - - - - -
トップはすでにゴール済。
人の流れにのってなんとかコースにたどり着く。
ランナーが走ってくるたびに拍手と歓声で盛り上がり、良い雰囲気。
頭ごなしにしか見えないが、やはりテレビより「生」に限る!

「ここでは立ち止まらないで真っ直ぐ進んでください」
<そんなこと言ったって・・・(瞬間的に写真撮影)>
- - - - - - - - -
「そこで行き止まりです、地下に降りてください」
<おや、誰かわからないが日本人選手がインタビューを受けているな>
- - - - - - - - - -
「立ち止まらないで!」
<向こう側に渡りたいのだが・・>
「地下におりて先の●●口へ」
<エスカレーターないの?・・階段は嫌・・>
<なんだか遠いなあ、まだ歩くの?!>
- - - - - - - - - - - -
地上にでたら、決勝点を過ぎた
完走者に水、メダル、パンを渡している地点だった。

それしてもテロ対策のため、多くの警察官、
そして装甲車等があちこちに配置され景観を遮っている。

ここまで来たら、久しぶり<二重橋の写真を撮って帰ろう!>
- - - - - - - - -
凡人曰く「あら帰りが早いのね。本当に観ようと思うならもっと早くから準備出かけるべき」と、
相変わらず当たり前のことを言う。

生来、待つこと、並ぶことが大嫌い。
「その瞬間に間に合わせて観戦する」のがプロの極意と言いたいところだが、
東京という人の多さを相手にはこんな極意?は通用しないようで・・・。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック